自律神経とは? 神経系のはたらきとは?

自律神経

平滑筋は、私たもの思い通りには動かせません。
この平滑筋と、心臓の筋肉のはたらきを受け持っているのが
自律神経とよばれるものです。

自律神経は脳神経や脊髄神経の中に混じっていたり
背骨の両側に細長くつながっていたりします。

つばを出したり、食べ物を胃や腸で消化したりするはたらき
汗を出して体温を調節するはたらき、心臓のうちかたを整えるはたらきなどは
自律神経が受け持っています。

自律神経には交感神経と副交感神経とがあって
内臓のはたらきを強めたり、おさえたりしています。

この2つの神経が脳の命令をうけないで内臓の調子を整えています。

このようなはたらきは、ああしよう、こうしようと思ってもかえることはできません。
しかし、気づかないでいるときや、眠っている間でも
心臓・胃・腸などは、はたらいてくれます。

これは、自律神経のはたらきのおかげです。




神経系のはたらき

神経のいろいろな部分が、どんなふうにまとまってはたらいているか
蚊がひざを刺したときのことから、考えてみましょう。

まず、かゆいという知らせが、皮膚から知覚線維を伝わって
脊髄を通り大脳半球に届きます。
ここではじめて、かゆいという感じが起こります。

脳は前に同じようなかゆさを感じたときのことを思いだし
このかゆさは、きっと、蚊に刺されたのだと考えます。

そして、どうしたらよいかを決めます。

つぎに脳は、目に命令して、蚊の止まっている場所を見つけます。
それが、わかったら、手に命令して、蚊を叩くように動かします。

しかし、蚊が逃げないように手をそっと動かさなければなりません。
このため、手が蚊に近づく間中、腕や手から大脳半球や小脳へ
手の位置や動く早やさを教える知らせがいきます。

また、目からも蚊の様子、手の格好などについての知らせが届きます。

脳は、これらの知らせを受け取って、もし手が曲がりすぎていたり
いきすぎていたりすれば、すぐそれを正しく直すように細かく命令を出します。

こうして、手は滑らかに動きます。

また、蚊に刺されたあとのかゆいところは体を曲げ、かきやすい姿勢でかきます。
このときも、はたしてかゆいところを正しくかいているかどうかという知らせは
たえず脳へ伝えられます。

脳は、この知らせによって、指を動かす筋肉へ命令を出し
ちょうど、うまくかくようにしています。

また、私たちが、蚊のことで一生懸命になっているあいだでも
自律神経は心臓を動かし、食べ物を消化できるように腸をはたらかせています。

蚊に刺されたとき、私たちはもちろん
こんなことを1つ1つ考えてやっているのではありません。
しかし、神経系はこんなふうに、細かく助け合っているのです。







サブコンテンツ