竿秤の特徴と感度、作り方とは?

竿秤

竿秤は、目もりをつけた棒(竿)のはしに皿をつるし
そこから少しはなれたところに、さげをつけたものです。

竿には、ひものついた重り(分銅)をかけて
自由に動かせるようにしてあります。




竿秤で重さを測るには測ろうとする物をさらにのせて
さげおを持ってつるします。
分銅を動かして、竿が水平になったとき
分銅のひものあるところの目もりを読めばよいのです。

bandicam 2015-04-25 20-04-12-942-min (1)

このはたらきは、てこのつりあいにあたるわけで
さげおの位置が支点、分銅のひもの位置が力点
皿をつるしてあるはしが作用点になっています。

竿秤のつくり方

太さがいちようで、長さが30センチぐらいの、まっすぐな棒を竿にします。
小さい缶のふたにひもをつけ、これを竿につるして、皿にします。

さげおは、皿をつけたはしから
5センチぐらいはなれたところに上向きにつけます。

分銅には、小石とかガラス玉を何個か布きれに包んで
これにひもをつけて使います。

これで材料がそろったので、こんどは竿に目もりをつけなければなりません。

まず、さらに何ものせないで、さげおをもってつるし
竿が水平になるように、分銅を動かします。

竿が水平になったら、このときの分銅のひもの位置に
0(グラム)の目もりをつけます。



つぎに、皿の上に、本当の分銅10グラムをのせて
竿が水平になるように、重りの分銅を動かします。
このときは、ひもの位置に10(グラム)の目もりをつけます。

bandicam 2015-04-25 20-07-35-826-min

さらに、本当の分銅20グラム・30グラム……を使って
同じようにして、20・30……の目もりをつけます。

これで、大きい目もりをすませました。
0・10・20・30……の目もりのそれぞれの間隔は
同じになっているはずです。

そこで、0と10、10と20……のあいだを10等分して
小さい目もりをつけます。
これで、竿秤ができあがりました。

竿秤をつくるとき、200グラムまで測れるようにしたいと思っていたのに、実際につくってみると、50グラムしか目もりがつけられなかったというようなときは、どうしたらよいでしょうか。

それには、てこの原理を考えれば、すぐわかります。
さげおの位置をもっとはしによせるか、重りの分銅を
もっと重くすればよいのです。

そのかわり、目もりは、すっかりやり直さなければなりません。

本当の竿秤では、2本のさげおが違った位置につけてあり
それぞれの目もりを、竿の両面に印してあります。
重りの分銅は、決まったものを、1つ使います。

竿秤の感度 

本当の竿秤につけてある、2通りの目もりをよく注意してみると
軽い範囲しか測れないほうの目もりは、その間隔が長くなっています。

このことは、ごくわずかの重さの違いでも
分銅を大きく動かさねばならないこと
つまり、竿が傾きやすいことを意味しています。

したがって、わずかの重さの違いでも、測りやすくなっているのです。
これを「測りの感度がよい」と言います。

竿秤の感度は、さげおの位置を
さらをつるしてあるはしから遠くはなすほど
また、重りの分銅が軽いほど、よくなります。

しかし、感度をよくすれば測ることのできる最大の重さは小さくなります。







サブコンテンツ