ハマグリ・タカラガイ・イカ・ミズクラゲの体のつくり、しくみとは?

ハマグリの体のつくり

二枚貝には、左右の貝殻を結びつけている、靭帯があります。
また、そこに小さな歯があって2枚の貝殻が、
うまくかみあわさるようになっています。

貝殻に、メスを静かに差し込み、貝柱をきり
貝を開くと貝の体を左右からつつんでいる外とう膜が見られます。

貝柱は、貝殻を開閉する筋肉の束で、前とうしろに1つずつあります。
外とう膜の内側には、二対のえらがあります。

足は、体の前側にあり、その根本には、消化管などが入っています。
うしろの貝柱の下には上側に水を吐き出す出水管、
下に水を吸い込む入水管があります。

消化器は、しんべん・口・胃・消化腺・腸・肛門などからできていて、
心臓は、胃のうしろ側にあります。




タカラガイの体のつくり

口のうしろには長円形をしたのどがあり、これには歯舌があります。
口に続いて、細い食道があり、食道につながった太い部分が胃です。

胃に続いて、細い腸があり、この腸は折れ曲がって
前のほうに向かい、やがて直腸となって肛門までつながっています。

bandicam 2015-05-04 08-29-03-671-min

また、食道のうしろ側には、だ液腺があって、のどに開いています。
消化腺は、腸のまわりにあります。

外とう膜の内側には、一対のえらがあり、これで呼吸をします。
心臓は、えらの根本のところについています。

消化管の終わる部分の直腸とならんで腎臓があり、
肛門の近くに開いています。

食道のうしろ側に脳があり、
ここから内臓神経節・足神経節などへ神経が出ています。



イカの体のつくり

イカの胴の先にはひれがあり
頭には、大きな目と水を吐き出すろうとと
足のつけねに、カラストンビをもった口があります。

胴の背中側に甲があります。
ヤリイカの甲は透き通り、コウイカの甲は
石灰質が多いので白色をしています。

腹側を縦に切り開くと、ろうとのすぐうしろには
大きな茶かっ色の肝臓があり、肝臓の上には直腸がはしっています。

この直腸に、胃ともう腸がつながっていて
食道は肝臓の背中側を通っています。

墨ぶくろは直腸のうしろにあり、
羽根のような形をしたえらが肝臓の左右に見られます。

えらの根本には、まるいえら心臓があり、
左右のえらのあわさったところに本当の心臓があります。

bandicam 2015-05-04 08-29-23-059-min

ミズクラゲの体のつくり

ミズクラゲの口は、十字形をしていて
垂れ下がった4本の口腕のあいだにあります。

口から口道・胃こうと続き胃こうは
四方に広がっていて、そこから放射管を出しています。

また、放射管は、環状管につながっています。

肛門はなくて食物のかすは口から吐き出されます。
このような消化管を、こう腸と言います。

胃こうの壁に、ばてい形をした生殖腺があります。
生殖腺の内側にそって胃糸と呼ばれる
多数の糸のようなものが、はえています。

この胃糸の中には、取り込んだ生きたえさを殺すとげがあります。

かさのふちには8つのへこみがありますが、
ここにはつりあいを保つしくみや、においを嗅ぐしくみなどを備えた
感覚器があります。







サブコンテンツ