動物の食べ物とは? 食べ物の取り入れかたとは?

動物の食べ物

生物が、食物を食べたり、養分をとったりして
自分の体をつくりあげたり、生活したりすることを栄養と言います。

動物は、でんぷん・脂肪・たんぱく質・ビタミン・塩類などの
体をつくるのに欠くことのできない栄養分を
自分自身でつくりあげることができません。




植物だけが、このような栄養分を自分でつくりあげることができるのです。

ですから、動物は植物がつくった栄養分を食物として取り入れ
自分の体をつくっていくのです。

動物を食物の種類でわけてみると、下の表のようになり

bandicam 2015-05-04 04-28-07-152-min (1)

動物性の食物だけを食べるものを肉食動物
植物性の食物だけを食べるものを草食動物
両方を食べるものを雑食動物と呼びます。

このように、動物の食物となるものは植物と動物ですが
肉食動物の食物となる動物は、多くの場合草食動物であり
もとはと言えば、植物のつくったでんぷんや脂肪・たんぱく質が
栄養分となっているのです。

つまり、動物は植物なしには生きていけないのです。

食べ物の取り入れかた

動物がとった食物は、そのままでは体の肉となり
血となるわけではありません。

食物中の栄養分が、たやすく血液の中に溶けこんで
全身に運ばれるように、食物の形をかえなければなりません。
このはたらきを、消化作用と言います。

動物のうちでも、もっとも下等な原生動物の仲間(ゾウリムシなど)には
水に溶けている養分を体の表面から、取り入れているものもいます。

しかし高等な動物では、食物をこなすために
込み入った消化器官があります。

そしてそのはたらきによって、食物は消化され
体の中に吸収されて、自分の体に、都合のよいように使われます。







サブコンテンツ