動物暦と植物暦とは?

動物暦と植物暦

ウグイスは春に、モズは秋にあらわれるというように
季節の目安になるような動物が、たくさんいます。

それぞれの動物が、1年を通じて、いつあらわれ、
どんな活動をするかなど季節による活動や
状態のうつりかわりをもとにしてつくったのが動物暦です。




同じように、ある植物が、花を咲かせたり紅葉したりする時期も
1つの地方では、毎年それほどかわりません。
これをもとにしてつくったのが植物ごよみです。

動物暦と植物暦を、いっしょにして、生物ごよみ、
あるいは生物季節などとも言います。

この生物暦によって生物の姿から
季節のうつりかわりを知ることもできます。

気象庁では、全国の気象台や測候所からくる
報告をまとめ生物季節として、いろいろなことに利用しています。

報告することがらは気象庁できめたもので生物の種類は
全国どこにでも分布するもの、よく見かけられ
種類の見分けが簡単なものを選んであります。

例をあげると、つぎのようなものです。
①力エル・ヘビ・トカゲの冬眠した日、冬眠から冷めた日。

②ツバメ・ガン・カモなどのわたり鳥がわたってきた日
かえっていった日。

③ウグイス・ヒバリ・モズなどがはじめて鳴いた日。

④トンボ・モンシロチョウ・コオロギ・キリギリス・セミの仲間などが
はじめてあらわれた日。

⑤ウメ・サクラ・ツバキ・ツツジ・ハギ・サルスベリなどの開花日。

⑥カエデ(モミジ)・イチョウなどの紅葉日(黄葉日)と落葉日。

このうち、開花日とは、ふつう、一枝に5、6輪咲いた日、
紅葉日とは大部分の葉が色づき
緑の葉がほとんど見られなくなった日を言います。

動物が冬眠するのは、活動できにくい気候になったからですし、
わたり鳥がくるのは、その鳥たちにとって都合のよい気候になったからです。

また、花が咲くのは、その植物にとって開花に適した気候になったからです。

このように、生物の活動する気候は、だいたい決まっています。
いっぽう、各地の平均の気温なども調べられていますから
生物季節の報告を見れば、ある地方の気候が、
いつもの年より遅れているのか早いのか、
ほかの地方にくらべてどう違うかなどがわかるわけです。

季節のうつりかわりは、だいたい決まっていますが
年によっては、いくぶん違います。

このことから、農家では、種まきなどの作業を何月何日と決めるよりも、
どの木の芽が伸びはじめたら何の種をまき、
どの花が咲いたら何を移植するという具合にしたほうが
自然の条件にあった作業が進められることになります。

また、あたたかくなるのが遅れている年には
イネなどの作物は、わせの品種を選び凶作を咲けることもできます。







サブコンテンツ