実のつくりとは? 果皮と種とは? 実の養分とは?

実(果実)は、花のいろいろな部分がかわったものです。

花が咲いて、めしべに花粉がつき、受精すると
子房や花たく(花の台)やがくは実にかわり、胚珠は種にかわります。




ウメ・モモ・キュウリ・カボチヤ
スイカ・ナス・トマト・カキ・ブドウなどの実や
エソドウ・アズキ・ダイズなどのマメのさやは子房がかわったものです。
この子房が実になったものを真果と言います。

しかし、リンゴ・ナシなどの実は、花たくがかわったものです。
そして、実の中の種をつつんでいる硬い部分が子房のかわったものです。

イチゴの実も花たくがかわったものです。
表面にある粒は子房のかわったもので、種の先についている短い毛は、
めしべのなごりです。

ザクロの実は、め花のがくがかわったものです。

このように、子房以外のものが大きくなって
実になったものを偽果と言います。

しかし、ふつうは真果と偽果をいっしょにして、実と言っています。

果皮と種

ふつうの実は、実の中心にある種と
種をつつんでいる果皮とからできています。

果皮とは、実の皮や肉のことです。
ブドウやカキの食べるところは、肉が厚くなった果皮です。
果皮は、ふつう外果皮・中果皮・内果皮の3つにわけられます。

カキの実では、いちばん外側のふつうに皮と
いわれているところが外果皮で、
その内側の、肉が厚くて水分を多くふくんでいる部分が中果皮、
さらにその内側の、やわらかい部分が内果皮です。

種は、内果皮の中に埋もれているわけです。

ウメやモモの実では、内果皮が硬い皮になって、種をつつんでいます。
これはふつう、心または核と言われています。

ミカンの実では、いちばん外側の皮が外果果皮、
皮の内側の綿のようなものが中果皮、ふくろの皮が内果皮です。

ふくろの中の食べるところは、子房の中にあった毛がかわって
養分をたくわえているものです。



実の色

実の色は若いときはたいてい緑色をしています。
これは、実の皮や肉の表面に近いところに
葉と同じようにクロロフィル(葉緑素)がふくまれているからです。

しかし、実が熟すと、ここにいろいろな色素ができるので、
さまざまな色にかわっていきます。

実の色のもとになるのは花と同じように、
おもにアントシアンとカロチノイドという色素の仲間です。

リンゴやブドウ・クワなどの実の、赤・紫の色は、
たいていアントシアンの色です。

アントシアンにはいろいろな色がありますが、
その色がみないっしょになると、ヤツデの実などのように黒くなります。

また、カキやミカン・トマト・カラシ・セイヨウカボチヤなどの
実の黄や赤の色は、カロチノイドの仲間の色です。

カロチノイドの仲間は、たいてい黄色かだいだい色ですが
トマトやトウガラシでは、実が熟すとカロチノイドのなかの
1つのカロチンという赤黄色の色素が、たくさん集まって赤くなるのです。

実の養分

実は、いろいろな養分をふくんでいるので
人や動物の食物や、いろいろな品物の原料になります。

実の味は種類によってさまざまです。
甘い味はおもに糖分の味です。
酸味は有機酸(すの仲間)の味です。
有機酸は、リンゴ・ミカンなどの果物に、とくに多くふくまれています。

実には、このほかたんぱく質やビタミン類などが多くふくまれています。
果物には、とくにビタミンCが多く
トマトの実にはビタミンAが多くふくまれ、栄養価の高い、よい食物です。







サブコンテンツ