春の種まきによい場所と時期とは?

春の種まき

春まきの草花は、6月ごろから咲きはじめる
アサガオ・ヒマワリ・ヒャクニチソウ・オシロイバナ・オジギソウ
タチアオイ・マツバボタンなどや、これよりも少し遅れて咲く
サルビア・コスモス・センニチコウなどが、おもな種類です。

また、花より葉の美しいハゲイトウも
花壇に植えたり鉢植えなどにする春まきの草花です。

このような種類は、みな冬を越すことができない草花です。
ほかに、エゾギク・フロックス(キキョウナデシコ)・ペチュニアなどは
冬越しができる草花で、春まきにも、秋まきにもなります。




よい種

まず、よい種(種子)を選ぶことが大切です。
新しい種は、たいてい、よく芽を出します。

色のかわったもの、つやのないもの
他のものにくらべて軽いものなどは、よく育ちません。
大きさ・形・色のそろった種を選ぶことが大切です。

種まきの場所と時期

東京付近では、3月中ごろになると、気温が、10度ぐらいになります。

春まきの草花は、たいてい10~15度ぐらいのときにまくのがよいので
5月はじめごろまでに、まきおわるようにします。

種をまく場所は、まず、深く耕します。
そして、よく腐ったたい肥を土とまぜ、水はけをよくするために砂を少し入れます。

苗床

たいていの草花は、苗床で苗を育ててから、植えかえます。

なかにはヒマワリなどのように、種をまいて、
そのまま育てたほうが、よく育つものもあります。

苗床をつくるには、幅1メートルぐらいに土を耕し
平らにならしながら土のかたまりをよく砕きます。

土が重くてかたまりやすいときは、よく肥えた土をふるいわけて
少しまぜたり砂を少し入れたりして使います。

この苗床に、たてに6~9センチおきに
棒ですじをつけ、この上に、種をうすくまきます。

それから、種の2倍くらいの厚さに土をかけておきます。
そして、芽が出るまで、わらを一列にならべ、上からおおいをしてやります。

地面は、温度や湿度の変化が激しいので、わらでそれをふせぐのです。

苗が少ないときには深さ10センチぐらいの木の箱や鉢を
苗床のかわりにしてもよいのです。



手入れ

種まきが終わったら、毎日決まった時刻を選び
土が流れないように、静かに水をやります。

あまり、水が多すぎてもいけません。
種は、呼吸ができなくなり、死んでしまうことがあります。

水はけのよい土地なら、日あたりのよい日だけ
午前10時に、1回かければよいでしょう。

芽が出たら、わらのおおいをとり、日光によく当ててやります。

苗は、こみやすいものですから多すぎるところは、
ところどころ、間引きしてやります。

たくさんの苗がいるときは、葉が2、3枚出たとき
肥えた土に、ほどよい隙間をもたせて、植えかえてやります。

こうすると、苗の育ちかたは、見違えるほどよくなります。

伸びすぎる種類で、しかも枝のできやすい草花は、
つぼみの出るまでのあいだに2~4節のところで芽を摘みます。
こうすると、枝数が多くなり、形が整ってたくさんの花が開きます。

また、つるの伸びる種類では細い竹をたてて形よくつるを・からませてやります。







サブコンテンツ