樹木の冬越しとは? 落葉樹の冬越しとは? 冬芽と副芽とは?

樹木の冬越し

樹木は草と違ってみな長生きです。
けれども、やはり、寒さに弱いのです。

夏のあいだはさかんに生長しますが冬になると
落葉樹は葉を落とし、まる裸になって冬を越します。
葉の落ちない常緑樹でも生長をやめ、眠ったようになって冬を越します。




落葉樹の冬越し

落葉樹は、冬になると葉を落とします。
これは、冬のあいだは、養分や水分をとることができないので
無駄な養分や水分を使わないようにするためです。

秋になると、葉の柄のつけねに離層というものができます。
葉が落ちたあとは、この離層がふたのように傷口をふさいでしまいます。

こうして、体には糖分や脂肪をたくさんたくわえ
寒さに負けない強い体になるのです。

ヤマナラシについて調べたところでは、夏の体つきでは
零下9.5度の温度までしか、たえられませんが
冬では零下24度までたえられることがわかりました。

常緑樹でも、冬の寒さにたえるために夏から秋にかけて
糖分や脂肪をたくさんたくわえています。



冬芽のいろいろ

春になると樹木は葉を出したり花を咲かせたり
枝を伸ばさなければなりません。

そのために、冬のあいだ、まる裸に見える落葉樹でも、
よく見ると芽をつけていて、春がくるのをまっています。
この冬越しをする芽を、冬芽と言います。

冬芽は寒さに負けないように、つぎのようにいろいろ保護されています。

① たくさんのりん片葉という、うろこのようなもので硬く包まれている芽
ケヤキ・ブナ・ナラ・イヌシデ・カエデ・ツツジ

② 2、3枚のりん片葉がくっついて、帽子のように芽を包んでいるもの
トネリコ・ホオノキ

③ 古い葉の柄のもとに包まれているもの
スズカケノキ・ハクウンボクーリョウブ

④ たくさんの毛をもったりん片葉につつまれているもの
モクレン・ヤナギ

⑤ 葉のつけねのところに、隠れている芽
サルナシ・マタタビ

⑥ りん片葉の上が、油(樹脂)おおわれているもの
トチノキ

また、冬芽には、アオギリ・アカメガシワ・ムラサキシキブ
などのように、りん片葉のないはだかの芽があります。

けれどもこれらのものには、まわりのところに
細かい毛がはえていて寒さをふせいでいます。

副芽

春になると、冬芽が伸びて開きはじめます。
しかし、早く開き過ぎたため遅霜で
せっかく伸びた芽が枯れてしまうことがあります。

このようなとき、ポプラ・ニワトコ・ブドウ・ハクウソボクなどでは
枯れた葉のわきから、副芽というかわりの芽を伸ばします。







サブコンテンツ