獣・鳥・魚・昆虫の縄張りとは?

獣の縄張り

イヌをつれて歩くと、よく電柱などに小便をしますが、
あれは、自分の縄張りの目印としているのです。

もし、ほかのイヌの小便があると、
その上に自分のをかけて臭いを消していきます。

シカは、木の枝に頭の一部からでる汁をつけて臭いを残し
縄張りの目印にするそうです。

クマも、木に背中をこすりつけたり
爪で幹に傷をつけたりして縄張りの目印にします。




鳥の縄張り

小鳥の類では生殖時期などに縄張りをつくります。
モズやヨシキリ・コマドリなどは縄張りをつくることが知られています。

これらの鳥のおすは、まず自分の縄張りをつくり、
そのなかに、ほかのおすが入ってくると鳴き合わせをします。

激しいときには、つつきあいをすることもあり
勝ったほうがその場所に住むことになります。

魚の縄張り

魚のうちでアユの縄張り争いは、とくに有名です。

海からあがったアユは、川の上流にのぼって、ミズゴケを食べていますが、先によいミズゴケがはえているところに住みついたアユは、
そこを自分の領域とします。

そして、あとからきたアユが、そこに入ろうとすると
激しく挑んできて、あとからきたアユを追い払ってしまいます。

昆虫の縄張り

池の表面をわたるアメンボは、だいたい同じ場所をまわっていて、
ほかのものが入ってくると、追い駆けることがあります。
これは、アメンボが、縄張りをもっているためです。

また、トンボやクマバチのおすなども、一定の場所を飛んでいたり、
じっと1か所に止まっていたりしていることがあります。

このようなときに、ほかのおすがくると、
それを追い駆けて、追い払ってしまいます。

これも縄張り争いなのです。







サブコンテンツ