蚊・トンボ・ザリガニ・ミミズの体のつくり、しくみとは?

蚊の体のつくり

カの口は細長い管になっていますが、
これは、上下のくちびる・舌・大あご・小あごのかわったものです。
のどに続いて食道のう・えさぶくろ・胃・腸・直腸などがあります。

胃と腸のさかいめのところに、ひものようなマルピーギ管があります。

腹部の背中側の中央を、血管が、縦にはしっています。

腹部や胸部にある、小さな気門は、空気を取り込むところです。
取り入れられた空気は、体の横をはしる、大きな一対の気管に入り、
そこから枝わかれした気管を通って、体全体に送られます。

頭部には、神経節の集まった脳があり、
ここからでた神経は腹の終わりまででついています。
腹部には、6つの神経節が見られます。




トンボ体のつくり

トンボの消化管は上くちびる・大あご・小あご・下くちびるから
できた口にはじまります。
食道をすぎると、前腸があります。

前腸は、養分を吸い取る中腸につながり、
排出器のマルピーギ管が、これにつながっています。

bandicam 2015-05-04 08-20-36-086-min

マルピーギ管は後腸に開いていて、そのあとは、肛門となっています。

神経は、脳から出ていて、単眼・複眼に、直接つながるいっぽう
体の各節の神経節につながり、神経は第八腹節で終わっています。

背脈管は循環器で血液は、ここで前方に押し出され、体中に送られます。
筋肉は、胸部の大部分の隙間をうずめています。

また、呼吸作用をする気管は、まえに述べた残りの体の隙間をしめています。



ザリガニ体のつくり

ザリガニの体は、頭胸部の背中側を、硬い大きな背甲が包んでいます。

腹は、7つの節からできていて
七節めには、肛門と扇形をした尾がついています。

背甲が両がわに垂れ下がったところを切り取ると
背甲と体の壁とのあいだのえら室に、ぎっしりとえらのあるのが見られます。

消化管は、体の中央を縦にはしっています。
胃の左右の黄かっ色のものは、消化液のでる消化腺です。

胃を縦に切り開くと、いろいろな骨片や、大きな歯が見られます。
心臓は背甲のすぐ下にあって、ここから前へ5本
うしろヘ1本の動脈が出ています。

胃のすぐ前には一対の排出器があります。
また、第一のひげのねもとの、三角形の小さい穴の中に、耳があります。

bandicam 2015-05-04 08-21-40-433-min

ミミズ体のつくり

ミミズの体はまんなかに、短い毛のはえた多くの節からできています。
頭から第14~16節のところの、太い節は環帯と呼ばれます。
背中を切り開くと、まず、節を区切っている膜が見られます。

体の中央をはしる管は、消化管です。
これは、のど、食道、そのう、大きな胃(砂のう)
太い腸などからできています。

消化管の上側と下側には、それぞれ、太い血管がはしっています。
そして血管は、第11、12、13節のところで、一対ずつの横枝が出て
背と腹の太い血管をつないでいます。

この部分は生きているとき脈をうっているので、心臓と呼ばれます。

脳は、のどの上側にあり、ここから2本の神経が出ています。
この神経は、腹側であわさり、腹神経となっています。







サブコンテンツ