しゅう曲とは? しゅう曲の種類とは?

しゅう曲

地層が地殻の変動のために、押し縮められて
波のような形に曲がっている状態をしゅう曲といいます。
しゅう曲の高い部分を背斜、低い部分を向斜と呼びます。

しゅう曲には、そこにはたらいた圧力の強さや方向
岩石の性質などによって、いろいろな型があります。




しゅう曲の種類

もっとも簡単なしゅう曲の型は、折れ曲がった波の左右の形が対称的なものです。
これを正しゅう曲、または、対称しゅう曲とよびます。

しかし、実際には、このようなしゅう曲はまれで
多くの場合、波の形に傾いていて、左右が対称的ではありません。
このような型を傾斜しゅう曲と呼びます。

しゅう曲の程度が進むと、波の形がさらに傾いて、ほぼ水平にねてしまいます。
これを横がしゅう曲とよびます。

このような、激しいしゅう曲運動がおこなわれると
横にあった地層が、上におおいかぶさってしまいます。

このような構造をおしかぶせといいます。
ヨーロッパのアルプス山脈は、このようにしてできたものと考えられています。

しゅう曲の調べかた

しゅう曲の大きさにも、いろいろな規模のものがあります。
1つの崖で、地層がしゅう曲しているのを観察できる場合には
誰にでもわかりますが、これはごく小さなものです。

大きなしゅう曲は、たくさんの崖やきりわりをみつけて
広い範囲をつなぎあわせてみなければなりません。

そのためには、それぞれの地層について
地層の特徴や走向・傾斜を正確に調べて、ほかの地層との続き具合を考えます。

このようにして、広い範囲の地層をつないでみると、大規模なしゅう曲がわかります。
また、このしゅう曲を調べることによって
この地域の地殻の変動様子を知ることができます。







サブコンテンツ