ラマルクの進化説とは? ラマルクとキュビエの論争とは?

生物の進化について、まとまった考えを発表したのは、ラマルクがはじめてです。

彼の考えかたには、たくさんの欠点があります。
しかし、いまなお、この学説をもとにした進化説が見られるほど
大切な内容をもったものです。




ラマルク

フランスの落ちぶれた貴族の家庭に生まれたラマルクは
神学生から軍人になり、30才のころから勉強をはじめて、植物学者になりました。

やがて、無脊椎動物についても、研究をはじめました。
その後、パリ博物館ができたときに、そこの教授としてむかえられ
フランス学士院の会員にまで選ばれました。

ラマルクは、1809年に「動物哲学」という本を
また1815年には「無脊椎動物誌」という本を書いて、自分の進化説を発表しています。
それによると、生物の進化は、つぎのように説明されています。

「動物に新しい性質が加わるのは、動物がその性質を必要とするためである。
動物が、ひとたび新しい性質をもつと、それは子孫に伝わっていく」

キリンの例を挙げてみましょう。

キリンは、草の少ない草原に住んで、高いところにある木の葉を食べます。
そのために、背のびをしたり首をのばしたりしなければなりません。

キリンが、このような生活を繰り返しているうちに
その首がだんだん長くなり、いま私たちが見るような長い首になったのだというのです。

つまり、生物の体のしくみは、生物の生活に必要かどうかによって
しだいに形や性質がかわっていくと考えています。

この学説を、用不用説(ラマルキズム)と言います。



ラマルクとキュビエの論争

ラマルクが進化説を発表したころ、フランスには
ラセペート (1756~1825)やサンチレール(1773~1844)という生物学者がいました。

彼らは、ラマルクの考えかたを支持して、キュビエと激しく論争しました。
しかし、キュビエの考えかたは、覆されませんでした。

それは、サンチレールたちが、生物が進化するという考えかたを
まだ充分にかためていなかったためです。

また、そのころの社会では、キリスト教が強い力をもっていて
生物は神によってつくられたと説いていたことにもよります。

さらにキュビエが、パリ大学の総長という
大事な役をつとめていたためでもあります。

しかし、この大論争を最後にして
キュビエのような考えかたは、しだいに消えていきました。







サブコンテンツ