動物の進化 無脊椎動物の進化の特徴とは?

体の変化

古生代に入ると、硬い殻をもつ無脊椎動物が、急に増えてきました。
有こう虫などの原生動物、エビ・カニ・昆虫・クモ・サンヨウチュウなどの節足動物、
ウニ・ナマコ・ヒトデ・ウミユリなどの棘皮動物は
すべて、古生代前期に、急に栄えました。

このように古生代は、いろいろな無脊椎動物の栄えた時代です。
これらの動物は、それぞれ特徴のある体のつくりや生活のしかたをしていて
お互いの関係がわかりません。

気管で呼吸する陸上の無脊椎動物は、古生代中期のサソリ類が最初で
植物が陸上にあがるのといっしょでした。

シダ植物などの花の咲かない植物が
大森林をつくった古生代後期(石炭紀)のころから、昆虫類も栄えはじめました。

カゲロウやトンボの類は、石炭紀のはじめのころからあらわれました。

カブトムシの仲間は、古生代の終わりごろから
チョウの仲間は新生代第三紀になってからあらわれました。




長命な群と短命な群

生物の仲間によっては、その系統樹全体がうまれてから
滅びるまでの時間の長いものと短いものとがあります。

つまり、長命な群と短命な群とがあるわけです。
シャミセソ貝の類は、古生代の初期から現代まで続いていて、長命な群です。
日本近海にいるオキナエビス類の貝や、カブトガニなどもそうです。

こうした古い時代の様子を伝える生物は、生きている化石と言われています。
これにたいし、サンヨウチュウや、中生代のアンモナイトなどは短命な群にあたります。

短命な群の化石は示準化石となり、地層の研究に大切なものとされています。

アンモナイトの各種類も、かなり短命なものですが
そのわりには化石が世界的に広く分布しています。







サブコンテンツ