岩石の利用 工業原料としての利用法とは?

石灰岩の利用

セッカイ岩は水成岩の一種で、小さいホウカイ石(炭酸カルシウム)の粒が
集まってできています。

石灰岩を、かまどの中で焼くと、分解して二酸化炭素が外へ逃げていき
あとには、酸化カルシウムが残ります。
これが生石灰で肥料の原料、そのほかのいろいろな用途に使われます。

石灰岩の粉と、ねん土をゆっくりまわる長い筒形のかまの中に入れて熱すると
小さなかたまりができます。

これは、クリンカーとよばれ、これを砕いて粉にしたものが、セメントです。

セッカイ岩は、我が国の方々の山地に産出しなかでも
福岡県平尾台・山口県秋吉台・広島県帝釈・岐阜県赤坂・栃木県葛生
・埼玉県秩父・東京都五日市などが、有名です。

そんなわけで、石灰やセメントの原料は
ほとんど無尽蔵にあるといっても、言い過ぎではありません。

ケイ岩の利用

ケイ岩は変成岩の一種で、細かいセキエイの粒が集まってできています。
不純物の少ない良質なケイ岩は、ガラスや陶器の原料として用いられます。

ふつうのガラスはセキエイ・石灰・炭酸ナトリウムの粉を適当な割合にまぜて
るつぼの中で溶かし、それを急に冷やしてつくります。

また、セキエイだけを溶かしたものを、急に冷やすと、セキエイガラスができます。







サブコンテンツ