海水の動きと、淘汰作用とは?

流れている水は水底にたまっている堆積(底質)を動かす場合に
れき・砂・泥を、それぞれわけようとするはたらきがあります。

これを流水の淘汰作用といいます。

流水の淘汰作用は、れき・砂・泥がそれぞれ沈降速度(沈む速さ)や
初動速度(動きだすときの流れの速さ)が違うために起こるものです。

これによって、れき・砂・泥は流水の中でわけられ
それぞれ別に集まる傾向があります。




沈降速度

鉱物や岩石の粒で、直径2ミリから16分の1ミリまでのものを砂といい
これより大きいものをれき、小さいものを泥といいます。

泥は、海中を沈む速さが非常に遅いため流水があると
水中にまざったまま遠くへ運ばれてしまいます。

これにくらべて、砂やれきは、水中での沈降速度が速いので
たとえ水中に吸い上げられても、すぐ底へもどってしまいます。

皮が運んできた砂が海岸の地殻に堆積し
泥が沖合まで運ばれるのは、この理由によります。

また、れきは川岸に積み上げられるか
川口付近まで運ばれるだけであまり遠くへは逃げられません。

初動速度

流れの速さを、0からしだいに上げていくと、川底で、まず砂が動きはじめます。
さらに速度を増すと、れきや泥が動くようになります。

このことから、水中が乱れるような流れで
れきや泥を動かせないような弱い流れでも、砂は動かせる場合があることがわかります。

自然には、このような流れもしばしば起こるので、砂はれきや泥を置き去りにして
短距離の移動を繰り返して進むことがあります。







サブコンテンツ