石炭の利用しかたとは? 石炭の利用に便利な分類とは?

石炭の利用のしかた

石炭は、日本では足利時代から、燃料として使われていました。
また、ヨーロッパでは、古代ローマ時代から使われ
歴史のうえでは、産業革命の原動力にまで発展したのです。

そして、19世紀の末ごろから、石炭の使い道が、急に広がりました。
これは、石炭を乾留したときに、ガスや、ガス液・タール・コークスなどの
物質がえられることがわかり、これを利用する方法がつぎつぎに研究されたからです。




石炭の利用に便利な分類

たくさんガスがでるか、どんなコークスができるかなどということは
石炭の性質によって違ってきます。
そういう性質から、石炭をつぎのようにおけると、実用上便利です。

①一般用炭

そのまま燃料として使うもので、かっ炭やれきせい炭が使われます。

②ガス用炭

家庭用のガスをとるための石炭で、れきせい炭が使われます。

③ガス発生ろ用炭

発熱柚の大きいガスをとるために使われる石炭で
れきせい炭や亜れきせい炭が使われます。

④原料炭

1000度以上で高温乾留して、コークスをつくるときに使われる石炭をいいます。
このコークスは緻密で硬いほどよいので揮発分や灰分の少ない、れきせい炭が理想的です。

なお、乾留したときにできるタールからは、医薬品になどいろいろな原料もできます。

石炭の使用量

世界中で、毎年20億トンほどの石炭がほりだされています。
日本では、毎年5000万トンを産出していますが、その大部分は亜れきせい炭ですから、74.1パーセントは一般用炭として利用されます。

また、原料炭は19.5パーセント、ガス発生ろ用炭は6.4パーセントにすぎません。
ですから、工業用原料炭は。毎年輸入しなければなりません。







サブコンテンツ