非金属鉱物とは? 石墨・雲母・石英・滑石とは?

石墨(セキボク)

石墨は、色も光沢も鉛によく似ています。
形は不規則な塊状か土状がふつうで、魚の鱗のようになっています。

色は、鉛によく似た黒色で、金属のような光沢があり、条こんも黒色です。
比重は2.2、硬度は1.5で、やわらかい鉱物です。
成分は、炭素だけからなっています。




雲母(ウンモ)

形は、板状の結晶で、劈開か、1つの方向にだけ
非常に発達しているので、うすくはがれる性質があります。
色は、黒と白とがあって、それぞれ黒雲母・白雲母と言います。

比重は3、硬度は2~3です。
成分は、ケイ素と酸素のほかに、アルミニウムやカリウムなどをふくんでいます。

雲母は、熱や電気を通しにくい性質があります。

石英(セキエイ)

六角柱状の結品のよいものを、ふつう水晶と言いますが
鉱物としては、石英も水品もまったく同じものです。

形は、六角柱状で、先がとがっているのがふつうです。
劈開はなく、割るとがガラスを割ったような形(貝がら状断口)になります。
結晶面には、横の線が入っていますが、これは劈開ではなく条線といいます。

色は、ガラス光沢を持った無色透明がふつうですが
紫・ピンク・白・黒などもときどき見かけます。

比重は2.7、硬度は7です。
成分は二酸化ケイ素からなっています。
石英は、強い酸やアルカリなどの薬品に強く、フッ化水素に侵されます。

滑石(カッ石)

滑石は、名前の通り、すべすべした石で、指先で触ると、ロウのような感じです。

色は、白がいちばん多いのですが、青みを帯びたり、黄みを帯びることもあります。
比重は2.7、硬度は1で、爪でも傷がつくほど、やわらかい鉱物です。

成分はマグネシウムとケイ素と酸素と水分です。

【方解石(ホウカイ石)]

方解石は、ふつうひし形の面で囲まれたものが多いです。
しかし、とがったもの、板状のもの、繊維状のものなどもあります。

劈開は三方向に発達しているので、ひし形で囲まれた、劈開片になります。
色は、ふつう無色透明ですが、白・黄・灰・緑褐色などもあります。

比重は2.7、硬度は3です。
成分は、炭酸カルシウムで、うすい塩酸に溶けて二酸化炭素を発生します。

ザクロ石(柘榴石)

ザクロに似た赤色の結晶です。
形は、斜方12面体や、それに似たものになります。
色は、赤・緑・黄・灰・黒色などいろいろあります。

比重は4、硬度は7です。
成分は、二酸化ケイ素がおもで、そのほか
カルシウム・アルミニウム・マグネシウム・鉄・マンガンなどが混じっています。

硫黄

形は、八面体か厚い板状、または不規則な塊状になります。
劈開はなく、色は脂肪光沢のある鮮やかな黄色で、条こんも黄色です。

比重は2、硬度は2です。
成分は硫黄です。

【黄鉄鉱(オウテッ鉱)」

黄鉄鉱は、黄色をした鉱物で、形は六面体や五角12面体になります。
色は、金属光沢をもった黄金色で、黄銅鉱に似ていますが
条こんが黒褐色で、黄銅鉱とは区別できます。

比重は5、硬度は6です。
成分は硫黄と鉄で、硫酸の原料とするため利用面からは
非金属鉱物になりますが光沢面からは金属鉱物になります。

【長石(チョウ石)】

長石は、細長い形をした柱状の結晶です。
劈開が直角の方向によく発達しています。

色は、ガラス光沢のある白がもっとも
多く、ときには黄・ピンク・灰色のものがあります。
比重は2.5~2.75までのものがあり、硬度は6です。

成分はケイ素・アルミニウム・酸素・カルシウム
ナトリウム・カリウムなどからなります。

その中でも、カリウムが多いものをセイチョウ石といい
カルシウムとナトリウムが多いものをシャチョウ石といいます。

ホタル石(蛍石)

ホタル石は、八面体か六面体をしたものが多く、劈開もよく発達しています。
色は無色透明なものから、白・緑・青色などいろいろあります。

比重は3.2、硬度は4です。
成分はフッ素とカルシウムからなります。

セッコウ(石膏)

セッコウは、ふつうひし形か、柱状の結晶をしたものが多いです。
劈開があり、色は、ガラス光沢をもった白色のものがよく見られます。

比重は2.3、硬度は2です。
成分は結晶水をふくんだ硫酸カルシウムです。







サブコンテンツ