アメリカの宇宙開発計画とは?

いっぽうアメリカでは、マーキュリー計画がすすめられ
まず1961年5月と7月に、それぞれ弾道飛行に成功しました。

そして1962年には、アメリ力最初の人間衛星
フレンド=シップ=セブン号が、地球を3周したのです。




それから同じ年の5月・10月、ついで翌年の5月には地球を22周し
やつぎばやに実験を続け、このマーキュリー計画は成功のうちに終わりました。

つぎに、1963年から、宇宙開発計画の第2弾として
ジェミニ計画がはじめられました。
この宇宙開発計画の目的は、宇宙遊泳・ランデブー
ドッキング・宇宙船外での活動でした。

1963年3月にうちあげられたジェミニ3号は
世界ではじめて宇宙船の軌道をかえることに成功しました。

そして1965年12月には、史上はじめての宇宙ランデブーに成功し
実に14日間の宇宙飛行記録をたてたのです。

1966年11月のジェミニ計画最後の目的である衛星船外での活動の成功で、
この計画は大成功のうちに完了しました。

つぎにアメリカは、サターンロケットという
まえよりもさらに強力なロケッ卜を用いて
3人の人間を月におくるアポロ計画をすすめました。

1969年7月6日、アームスートロング、コリンズ、オルドリンの
三飛行士を乗せたアポロ11号は人間として
はじめて月に着陸するのに成功しました。

そしてテレビカメラにより
月面の様子や宇宙飛行士の活動の様子を地球におくってきました。

アポロ計画とは3人乗りの宇宙船が
まず月のまわりをまわる軌道に乗った後
ふたりが月探検用のロケットに乗り移って母船を離れます。

そして逆ロケッ卜をつかって月におりて探検したあと
また飛び上がって母船と出会い待っていたひとりといっしょになって
地球に帰るという計画です。

アメリカは、アポロ計画を19号まで続ける予定です。
つぎの計画としては、月と地球の間に宇宙ステーションを飛ばし
このステーション基地として宇宙開発をすすめようとしています。







サブコンテンツ