プラネタリウムの歴史とは?

プラネタリウムの歴史

世界で最初にプラネタリウムをつくったのは
ドイツのカール=ツァイスという光学会社のバウエルスフェルト博士です。

これが、はじめてミュンヘンの博物館に
取り付けられたのは1923年10月のことでした。
それに引き続きドイツ各地でつくられ機械もだんだん改良されていきました。

しかし、残念ながら、第二次世界大戦のために
ほとんど壊されてしまう、残ったのにミュンヘンと
ツァイス社のあるイエナとハンブルクのものだけになってしまいました。

戦争がすむと、ドイツは2つにわかれ東ドイツと西ドイツになりましたが、
もともとツァイス社のあった東ドイツのイエナから
西ドイツにうつった人たちでオーベルマッフェンというところに
新しいツァイス社で、世界中に売りだしています。

ツァイス以外にも、アメリカのサンフランシスコにある
モリソン=プラネタリウムやエルクトンの
スピッツのものなどが知られています。




日本のプラネタリウム

日本でいちばん古いのは、1937年
大阪に備え付けられたツァイスの機械で、いまでも残っています。

その翌年、東京にもつくられましたが
これは戦争のときに壊れてしまいました。

1957年、東京の渋谷に西ドイツのものが取り入れられ
1960年には、明石市に東ドイツのものが備え付けけられました。

国産のプラネタリウムもできるようになりましたが
まだまだツァイスの機械にはおよびません。
さらに小型でレンズも使わず惑星も動かない
かんたんなプラネタリウムもつくられています。







サブコンテンツ