世界の天文台と日本の天文台とは?

東京天文台

東京都三鷹市にあり、東京大学に付属する天文台です。
ここでは、天文学についてのいろいろなしごとをしています。

まず、恒星の位置をくわしく調べ日本全国で
標準となる正しい時刻を決めるしごとをしています。

これには、子午環・写真天頂筒・水晶時計・原子時計などの
器械が活躍しています。

また、小惑星・彗星・人工衛星の観測は
65センチ屈折望遠鏡・シュミットカメラなどでおこなわれます。

日本アルプスの乗鞍岳にあるコロナ観測所
岡山県鴨方町竹林寺山にある岡山天体物理観測所および
埼玉県堂平山観測所も東京天文台に属し、宇宙の研究に活躍しています。




緯度観測所

岩手県水沢市にあります。
地球の自転の有様を、くわしく調べるためにおかれています。

1898年の国際会議で、北緯39度8分にある世界の6か所に
観測所をおくことが決められました。
そのうちの1つが水沢の緯度観測所で
すでに70年あまり、観測を続けています。

また、ここは1962年から国際極運動観測事業中央局になっています。

花山天文台

京都の東山連峰の1つにあって、京都大学に付属しています。
この天文台では、60センチの反射望遠鏡が活躍し
月の面や火星の面の研究がさかんにおこなわれています。

生駒山太陽研究所は、大阪府と奈良県の境にある生駒山にあり
60センチ反射望遠鏡などで太陽を研究しています。

そのほか、旭川・仙台・名古屋・福井などに小さな天文台があります。

ウィルソン山・パロマー山天文台

アメリカ西武にあります。
ウィルソン山は、ロサンゼルスの北東約50キロメートル
(標高174メートル)にあります。

そして、口径258センチと150センチの反射望遠鏡・塔望遠鏡があります。

パロマー山は、ロサソゼルスの南東約200キロメートル
(標高1870メートル)のところにあります。
1948年に完成した508センチ反射望遠鏡は世界最大のもので
宇宙の謎を研究しています。

リック天文台

アメリカ中部、サンフランシスコの東300キロメートル
(標高180メートル)のハミルトン山上こあります。
口径91センチの屈折望遠鏡のほかに205センチ反射望遠鏡ができあがり
活躍しています。

ヤーキス天文台

シカゴの北、約100キロメートルのところにあります。
口径100センチの望遠鏡を屈折型としては、世界最大のものです。
星の距離にたいへん活躍しました。

このほか、マクドナルド天文台・ドミニオン天文台
デビッド=タンラップ天文台があります。



グリニッジ天文台

イギリスのグリニッジ天文台は、1675年、遠洋航海に必要な星の位置を、
精密に決めるために建てられた天文台です。

世界でも、歴史の古いものです。
経度の0度は、この天文台の子午線の位置を通っていることも有名です。

今は、サセックス州ハーストモンソーにうつされ
1965年、249センチ反射望遠鏡がつけられました。

オート=プロバンス天文台

南フランスのサンミッシェルにあります。
193センチ反射望遠鏡は、ヨーロッパ中の天文学者に活用されています。

ソ連の天文台

ソ連では、レニングラードの南にあるプルコボい天文台が
1839年いらい活躍しています。

近頃では、黒海に近いクリミヤ天文台に
口径264センチ反射望遠鏡ができあがり、活躍をはじめました。







サブコンテンツ