太陰暦・太陽暦とは?

昔から、世界各国で使われてきた暦を
大きくわけると、太陰暦と太陽暦とになります。




太陰暦

大陰暦は、月の満ち欠けをもとにして、日付を決める暦です。
新月の日を1日として、順に2日、3日と数えていきます。

新月から新月までよ、平均して、29日12時間44分03秒ですから
29日か30日で、月がおわります。

太陰暦のもとになる新月の日は実際に
新月の姿を見て決めるものもあれば、計算で決めるものもあります。

太陰暦の12か月は、354日か355日で
季節のひとまわり(平均365日5時間48分46秒)より10日か11日短いのです。

それで、1年を12か月とすると、3年経てば大陰暦は
季節より1か月ほど早くなります。

暦の上では、4月はじめなのに、まだ寒い3月はじめの気候だ
というようなことが起こるわけです。

それからまた何年か経つと、暦と季節とのずれは
ますますひどくない、8月に雪が降ったり
12月にヒマワリが咲いたりすることになります。

これでは、とても不便です。

そこで、なんとか、この太陰暦を季節にあわすそうと、工夫しました。
そして、2年か3年ごとに、余分の月(うるう月)をつけくわえて
1年が13か月にしました。

こうして、太陰暦でも、季節にあうように工夫されたものを
太陰太陽暦といいます。

これにたいして、季節との関係がない太陰暦を、純太陰暦といいます。

ふつう太陰暦といっているのは、たいてい大陰太陽暦のことです。
アラビアなどで使おれているモハメッド暦は純太陰暦で
日本や中国の旧暦は太陰太陽暦です。



太陽暦

太陽暦は、春・夏・秋・冬の季節のうつりかわりをもとにして
日付を決める暦です。

季節のひとまわり、言い換えれば、醜聞までの長さは
平均して365日と5時間48分46秒です。

そのため、1年を365日と決めておくと
4年後には、5時間48分46秒の4倍、つまり約1日だけ
日付のほうが季節よりすすみます。

たとえば、ある年の春分か3月21日午前2時であると
4年後には、春分が3月22日午前1時になってしまいます。

この日付けのすすみを、もとに戻すため
いつもは28日までしかない2月の日付に
29日の1日を4年目ごとに付け加えました。

この付け加えられた1日が、うるう日です。

うるう日のおかれる年をうるう年
うるう日のおかれない年を平年といいます。

大昔、エジプトで使われいた暦や
つぎに出てくるユリウス暦・グレゴリオ暦は太陽暦です。

紀元前46年にユリウス=カエサル
(ローマの執政官、ふつうのジュリアス=シーザーという)が
ソンゲネスという天文学者の力を借りてつくった
ユリウス暦といわれる太陽暦は4年に1回、うるう日をおいた暦です。

しかし、4年に1回、うるう日をおいただけでは
長い月日が経つと、こんどは、日付が季節より遅れてきます。
それは、5時間48分46秒の4倍が、ちょうど1日にたらないからです。

この遅れをなくすために、西暦1582年に
口ーマ法皇グレゴリオ一三世がユリウス暦をあらためました。

これをグレゴリオ暦といいます。
いま、世界各国で使われている太陽暦に、このグレゴリ暦です。
グレゴリオ暦では、うるう年の決めかたをつぎのようにしています。

その年の西暦年数を4で割って
割り切れる年はうるう年、あまりの出る年は平年です。

しかし、4で割り切れる年のうち100でも割り切れる年は除き
400で割り切れる年だけを、うるう年にしています。

日本では、1872年11月9日に、太陰暦をやめて
西洋と同じ太陽暦を使うことに決め、太陰暦の1872年12月2日の翌日を
太陽暦の1873年1月1日としました。

ふつう、この太陽暦を新暦、もとの太陰暦を旧暦ともいいます。

グレゴリオ暦はすぐれた暦ですが
まだ、ユリウス暦の欠点が、いくつか残っています。

たとえば、グレゴリオ暦では、28日、30日、31日などの月が
不規則にならんでいます。

また、曜日と月日が合わないのも不便です。

そこで、もっとよい新しい暦を使うようにしようと
100年以上も前から、大勢の人たちが努力してきました。
その新しい暦の1つに、世界暦があります。

世界暦では、1年をまず、91日ずつの4期にわけます。
その1期は、31日・30日・30日の3つの月でできています。

こうすると、91日は、7で割り切れるので
一期ごとに月日と曜日を合わせることができます。

たとえば、世界暦では、4つの期のはじめにあたる
1月1日・4月1日・7月1日・10月1日はみな日曜です。

このはじめの日から91日目が、その期の終わりですから
月の終わりの月の30日は、みな土曜になります。
したがって、一期の暦は、そのまま
二期・三期・四期と1年中繰り返して使えます。

四期の日数は、合わせて364日です。

あまった1日は年末において、世界中の祝日とします。
また、うるう年のときは、うるう日を6月の終わりにして祝日にします。
この2日の祝日は、週の中にいれないので何年経っても同じ暦が使えます。

けれども、暦は古い週刊にしっかり結びついているので
いまの暦をかえるのは、なかなか難しく
政界重が新しい暦えを使うまでには、まだ、長い年月がかかることでしょう。







サブコンテンツ