太陽観察のしかたとは?

太陽の光はたいへん強いので、直接太陽を見ると目を傷めます。
必ず石油やろうそくなどでいぶして、すすをつけたガラスとか
濃い色ガラスや、まっ黒に感光させた写真の乾板などを使いましょう。

望遠鏡は、多くの光を、焦点に集めさすから、
望遠鏡で直接太陽を除くと、いっぺんに目を焼きます。
そこで、対物レンズの口径をしばり、接眼レンズに
濃い色ガラスなどをはめて、目を守るようにしなければいけません。




太陽を観察するには、口径3~5センチの小さな望遠鏡で、充分役立ちます。
倍率が高すぎると、太陽の表面の一部しか見えません。

全体を見るためには、40~50倍の望遠鏡がいちばんよいでしょう。
望遠鏡で観察するには、次のようにすると安全です。

まず、望遠鏡からうで木をだし、前後に動かせる板を取り付け
この板に白い紙をのせて、接眼レンズから20~30センチの距離にくるようにします。
望遠鏡を正しく太陽に向けて、接眼レンズを少し出し入れすると
紙の上に、太陽の姿が、きれいにうつし出されます、

なお、紙に太陽の光が直接あたるのをふせぐために
接眼レンズの筒の周りに、おおいをつけるようにします。

紙にうつった太陽の姿が大きすぎたら
板の市を接眼レンズに近づけ、小さすぎたら遠くするようにします。

太陽面の小さな黒点は、紙のしみや傷と間違いやすいのですが
紙を板の上で細かく動かすと区別ができます。

この方法を投影法といいますが、投影法で観察すると
目を守ることもできますし、いちどに大勢で見ることができて便利です。

望遠鏡で直接太陽を見ると、肉眼で見たときと、上下左右が全く反対になります。

上が南、下が北、左が西、右が東という具合です。
太陽の姿を紙にうつしたときには、左右だけが入れ替わり
上が北、下が南、左が西、右が東になります。

また、紙にうつした太陽を、紙の裏から見ると
肉眼で観察したときと同じ方向になりますから
黒点の動きなどを望遠鏡で観察するときには方向のとり方に注意しなければいけません。







サブコンテンツ