宇宙の広がりとは? 宇宙の果てとは?

大きくなる宇宙

小宇宙の運動の速度をはかってみると、ほとんどすべてのものが
銀河から遠ざかるように動いていることがわかります。

しかも、その遠ざかる速度は、距離の違い小宇宙ほど大きく
たとえば2倍の距離にある小宇宙は
2倍の速度で遠ざかっていることが観測されています。




実験

ゴム風船をふくらませて、その上にいくつかの点をマジックでつけます。
そして風船をしだいにふくらませていくと
点と点のあいだの距離は、しだいに離れていきます。

どれか1つの点をもとにして考えると、それから遠いものほど
速い速度で遠ざかっていくのがわかります。

いま、この風船を大宇宙、点の1つ1つを小宇宙と考えれば
銀河系から遠い小宇宙ほど、速い速度で遠ざかるのは
宇宙が全体として大きくなっているからだということになりましょう。

宇宙のはじめ

宇宙がしだいに大きくなっているという考えかたを
逆にすれば、はじめは宇宙が小さくかたまっていたということになります。

ゴム風船の実験のたとえでいえば、空気を抜いてしまった
ゴムのかたまりのようなものであったわけです。

宇宙が大きくなっていく割り合いは、わかっていますから
それから、逆算すると、宇宙が最初の一点にかたまっていたのは
いまから、どのくらい前かということがわかります。

計算してみると、約百億年前ということになります。
これは宇宙がはじまってからの年齢といえましょう。

宇宙の果て

宇宙は大きくなっているといいますが
それならば、この宇宙には、いったい果てがあるのか、ないのか
果てがあるとすれば、どんな形をしていて
その大きさはどのくらいかという疑問がわいてきます。

この問題については、いろいろな説がでていますが
残念ながらまだ、そのなかのどれが正しいかを
観測で確かめるところまでいっていません。

ただ、いままでに観測されている最も遠い小宇宙の距離が
約100億光年ですから少なくとも100億光年の彼方までは
宇宙が広がっていることは確かです。







サブコンテンツ