小惑星とは? 小惑星の変わった軌道とは?

小惑星というのは、おもに火星と木星のあいだをまわっている、小さな天体です。

いちばん大きいもので直径770キロメートル
大部分は数十キロメートル以下の岩のかたまりのような星です。

軌道がはっきりわかっているものだけで、1600個以上もあります。




1801年元日の夜、イタリアのピアッジによって
はじめて、小惑星セレスが発見されました。

そのころ知られていた惑星は、水星から天王星までの7つでした。

ところが、この7つの惑星の太陽からの距離を調べると
火星と木星のあいだだけが、開き過ぎているのです。

そこで、きっとこのあいだに、まだ発見されない惑星があるに違いないと
ドイツの天文学者が中心になって探し求めていました。

しかし、いつまで経っても見つからないのです。
人々が諦めかけていたころ、これからの惑星を探していた人でないちピアッジが
偶然に見つけたのです。

セレスは、火星と木星の間の隙間を、ぴったり埋める惑星でした。
天文学者たちは、これこそ探し求めていた新惑星だと、大喜びをしました。

ところが、驚いたことに、その後もセレスの近くに
つぎつぎと小惑星が発見されました。

そしていまでは、小惑星は、全部で数万個もあるだろうといわれています。

これらの小惑星は、火星と木星のあいだにあった
大きな惑星が、砕けて出来たかけらだといわれています。

小惑星の中には、明るさのかわるものが少なくありません。
これは、岩のかけらのような、不規則な形をしているため
自転するにつれて、そうなるだろうと言われています。

小惑星の中には、非常にかわった軌道を通るものもあります。
水星よりもっと太陽に近づくものや、地球のすぐ近くを通るものもあります。
小惑星ヘルメスは、地球から78万キロメートルの近くまでくることがあります。

このような小惑星は、太陽の距離をはかるのにも利用されます。







サブコンテンツ