恒星の正体とは? 恒星の大きさと色と温度の違いとは?

恒星の大きさ

恒星は、太陽と同じような天体で、大きさや重さは、だいたい太陽に似ています。
太陽よりずっと大きい星を巨星(巨人の星)、太陽ぐらいのや
それより小さい星を、惑星(小人の星)といいます。

いままでに知られているうちで
いちばん大きい恒星はケフェウス座ブィブィ星で直径は太陽の2500倍
つぎは、ぎょしゃ座イブシロン星で太陽の2000倍あります。

つぎに、オリオン座アルファ星(ベテルギウス)が1000倍
くじら座オミクロン星(ミラ)が880倍、はくちょう座32A星が700倍です。

これらは、超巨星とよばれています。

太陽と同じくらい、または太陽より小さい矮星が多く
いちばん小さいのは、シリウスの伴星があり、太陽の直径の50分の1です。

これは、白色矮星とよばれる、特別な星です。
まだまだ、小さい恒星はあるでしょうが、発見されていません。




恒星の色と温度

夜空を眺め、星を見ると、ほしにはわずかに色がついています。
夏に見えるさそり座のアンタレスは、はっきりと赤く見えます。

また、冬の夜に見える、ぎょしゃ座のカペラは黄色の星で
おおいぬ座のシリウスは青白く見えます。

星の色は、その星の表面の温度で決まります。
赤→黄→青と、だいたい、虹の色の並び方かにつれて温度は高くなり
赤い星は3000度、カペラや太陽のように黄色の星は6000度
青白い星になると、1万度くらいのものもありあます。

直径が太陽の2000倍もある、特別大きなぎょしゃ座のイプシロン星は
目に見える光は出さず、赤外線だけを出しています。

温度は1500度で、恒星としては最低のものです。
また、いろいろの星の光を分光器にかけて調べると
太陽の光と同じように、何本もの暗い線のならんだ、虹模様が見られます。

星の色が違うと、この黒い線のならぶ藍様が違ってきます。
これは星の世界の原子が出すものです。

この虹模様の特徴を調べるとO・B・A・F・G・K・Mの型に仲間わけができます。

これをスペクトル型といいます。

このスペクトル型の順序は、高温の星から低温の星と
温度によって並べた順序で色でいえば、O・B・A型は青白色
F・G型は黄色、K・M型は赤色になります。







サブコンテンツ