月面探査ロケット・惑星ロケットとは?

月面探査ロケット

アメリカの月面着陸成功については、月面探査ロケットによる月面調査が
かぎりなくすすめられていたのです。

まず1964年7月にうちあげたレインジャ一1号は
テレビカメラによる月面の写真織影に成功し
1967年の8号・9号といずれも月面の様子を地球におくってきています。




さらにアメリカは、月面をくわしく調査するため
一連のルナ=オービターの月衛星をうちあげています。
この衛星は月のまわリをまわる、いわゆる孫衝星といわれるものです。

1966年にうちあげられたルナ=オービター1号は
月面写真の試し撮りに成功しました。
そして、つきつぎにうちあげられた月衛星は
月の表側だけでなく、裏側の様子も撮影し
たくさんの写真をおくってきました。

このルナ=オービターとならんで、アメリカは
月の地形や地質調査する目的でサ-ベイヤーをうちあげています。

このサーベイヤー月ロケットは月の表面に軟着陸して調査するものです。

とくに、1967年4月にうちあげたサーベイヤー3号
同じ年の5月にうちあげた5号の調査によると
月の表面は、湿った砂地のようなわりあい柔らかい地面で
その成分は地球にもよく見られる火成岩である
玄武岩に似ているといわれています。

このような実験によって
月面が人間の直陸にも安全であることが確かめられたのです。

実際に月面降りたった宇宙飛行士の話や写真によると
月面は細かい炭の粉のように柔らかく色はかっ色であることがわかりました。

ソ連も月面の科学的調光を目的とする月ロケット、ルナをうちあげています。
このロケットは、アメリカのルナ=オービターや
サーベイヤーと同じような、月のまわりをまわる月衛星や
月の表面に軟着陸して、月の地形や地質を調べるものです。

これら、アメリカ・ソ連の一連の月面探査ロケットは
いずれも大成功のうちにおわり
たくさんの月に関する資料をえることができました。



惑星ロケット

月を越えて、隣りの惑星である金星や火星を調べるロケットも
いろいろ試みられています。

その最初は、1961年にソ連がうちあげた金星1号と
翌年、火星に向けてうちあげた火星1号がそれです。
しかし、いずれも失敗におわりました。

その後、1965年11月にうちあげた金星2号は
金星から2万4000キロメートル離れたところ通過し
さらに4日後にうちあげた金星3号は、見事金星に命中しました。

金星3号の成功により、1967年10月にうちあげた金星4号は
はじめて金星の表面の軟着陸に成功し
いままでよくわからなかった近世の表面や
内部の様子を知るうえで貴重な資料を地球に送ってきました。

それによると、近世の大気の濃さは地球の15倍、温度は280度で
大部分は二酸化炭素であることが確認されました。

さらにソ連は、1969年1月、金星4号・5万号をうちあげ
金星の人気や温度などをよりくわしく調べようとしています。

いっぽうアメリカは、1962年、金星にむけてうちあげた
マリナー2号は金星から3万キロメートルのところまで近づき
大気の温度などを観測するのに成功しました。

さらに、1964年にうちあげたマリナー4号は
火星の上空1万キロメートルのところに達し
火星の表面を撮影するのに成功しています。

その写真によると火星の表面にも
月に見られる火口のような地形がたくさんあることがわかります。

このように、地球と同じ仲間の金星や火星の調査がすすめられています。

月旅行が実現するころには、つぎの目的である
これら惑星への旅が、いよいよ本格的に計画されることでしょう。







サブコンテンツ