冬の天気図の特徴とは?

冬の天気図

下の図は、冬の天気図の1つの例です。
まず、この天気図の特徴を調べてみましょう。

bandicam 2015-04-04 19-28-54-016

夏のあいだ南の海上にあった小笠原高気圧は弱くなり
南東のほうにいってしまって、この天気図には顔を出していません。

そのかわり、大陸に中心のある大きな高気圧が、この天気図の大部分を占めています。
また千島の北部には、目立って発達した低気圧があります。
このような気圧配置を「西高東低」の気圧配置といって、冬の天気図の代表的なものです。




冬の季節風

この天気図では、風向はたいてい北から西のあいだで
東シナ海の南部だけが北東の風になっています。

このように広い範囲に渡って大陸から太平洋に向かって吹く風を、冬の季節風といいます。
冬のあいだ、シベリア大陸の高気圧はたいへん強く、ときには1080ミリバールにもなります。

そして、日本の近くを強い低気圧が発達しながら
千島かアリューシャン列島のほうへ動いているようなとき、季節風は強くなります。

この強い風は、1日か2日で治まることもありますが、3日も4日も続くことがあります。
日本の東の海上では、1週間ぐらい、強い風が吹き続けることもあります。

このように長続きする季節風は、昔、大西風と言われていました。
帆を使っていた時代や、私の機関の力が強かった時代には
大西風にであって港へ戻れなくなり、ただよい流れた漁船がたくさんありました。

むかしの漁師や船乗りは、冬の大西風を台風と同じように恐れていました。

上の天気図のように、季節風が強いときは、日本海側の北のほうでは
雪が降り、日本海側の席のほうでは、雪が雨が降ります。

本州の中央を通っている山脈の東または南側では、晴れていて
関東地方などでは関東地方などでは、からっ風が吹いています。
日本の陸地から離れた海上では、ところどころ雲が多くなって
にわか雨の降っているところもあります。

冬、千島やアリューシャン列島方面で、低気圧が非常に発達することがあります。
このときの中心の気圧は950ミリバールまたはそれ以下に下がり
低気圧の直径が2000~3000キロメートルになることがあります。

このようなときは、暴風の範囲も非常に大きくなりますが
最大風速は毎秒30メートルほどで、台風の場合のように
秒速50メートルにもなるようなことはありません。

この低気圧は、いつもあるわけでなく、ふつう3日か4日で東の海上に去ってしまいます。
そして、新しい低気圧が、また発達するようになります。







サブコンテンツ