梅雨とは? 梅雨の特徴とは?

春は、冬から夏にうつりかわる途中の季節ですが
春から本当の夏になるまでのあいだに、梅雨(つゆ)の期間があります。




梅雨というのは、6月10日ごろから約1か月のあいだ、くもりがちで雨の多い季節のことです。
5月の終わりごろにも数日、梅雨と同じような天気があらわれます。
これを「梅雨の前触れ」とか、「はしり梅雨」などといいます。

暦のうえでは、6月の11日か12日が、入梅(梅雨に入る日)となっています。
東京あたりでは、梅雨に入った日は、平均して、6月10日ごろです。

しかし、入悔は場町によって違い、日本の南のほうからはじまって
だんだん北のほうまで進んでいきます。

梅雨のあいだは、毎日、雨が降るというわけではありません。
梅雨の中休みといって、梅雨の期間のうちで、2、3日晴れの日が続くことがあります。

梅雨の期間を30日として、そのあいだのくもりと雨の日を合計すると
東京で約25日、福岡で約22日となります。
つまり、梅雨の期間は、全体の日数の70~80パーセントはくもっているか
雨が降っていることになります。

梅雨のころの雨は、しとしと降るのがふつうです。
しかし、ときには、すさまじい勢いで、大雨が降ることもあります。

しとしと降る雨は、だいたい、梅雨のはじめのころに多く
すさまじい雨に、梅雨の終わりごろに多く降ります。

梅雨のあいだは、よく雨が降りますから、この雨量をあわせると、かなりの量になります。
場所によっては、1年中の雨量の30パーセント以上にまでなるところがあります。

梅雨には、うすら寒い日と、蒸し暑い日とがありますが
1年中で、いちばん湿り気の多い時期です。







サブコンテンツ