気圧とは? 気圧のはかりかたとは?

気圧

山登りをしたとき、耳の調子がおかしくなって、聞こえにくくなることをよく経験します。
これはどうしてでしょうか。

私たちのまわりには、空気がいっぱい詰まっていますが
だれも、空気はずいぶん軽いものだと思っています。
しかし、空気は地上から高い空の上まで積み重なって
下のほうの空気は、上の空気に押されているのです。

この空気の押す力が気圧です。
だから気圧は、空高くなるほど低くなるほどです。
高い山などに登ると、気圧が低いために、耳の中の鼓膜が
外のほうへ押されて、聞こえにくくなるのです。




実験

小さい・空き缶にゴム風船のゴムで、ふたをつくってみましょう。
この缶のふたには、実は、およそ1平方センチに
1キログラ厶ぐらいの重りを載せたのと同じ力がかかっていますが
缶の中にも空気があって、やはり同じ力で押しているので、このふたは凹みません。

こんどは、缶の底に穴をあけて、口で缶の中の空気を吸い出してみましょう。
ゴムのふたは、だんだん凹みます。
これは、ゴ厶のふたの上から、空気が押している証拠です。

水銀気圧計

気圧を測るには、水銀気圧計を使います。
水銀気圧計は水銀の入ったガラス管を逆さに立てたもので、上部が真空になっています。
管の中の水銀の栓は、図のように大気の重みで管の中に押し上げられています。

そこで、この水銀柱の高さを測れば、気圧を知ることができるわけです。

水銀の柱の高さは、場所や時間でいろいろかわりますが
ふつう750~770ミリメートルのあいだにあります。

気圧は、ふつうミリバールであらわします。
水銀気圧計の水銀柱の高さをミリメートルで測り
これに4/3かければ、気圧を、ミリバールでもとめることができます。
たとえば、水銀柱の高さが760ミリメートルならば、気圧は1013ミリバールです。

アネロイド気圧計

気圧を測る器械には、水銀気圧計のほかに、アネロイド気圧計や自記気圧計があります。

アネロイド気圧計のいちばん大切な感部に、金属製のまるくて薄いかんです。
そのふたは波形になって、ふくれたり、凹んだりできるようになっています。
缶の中は、空気を抜いて、ほとんど真空にして振ります。

気圧の変化につれて、波形のふたが、ふくれたり、凹んだりします。
その動きは、てこで大きくされて、指針が目もりを指すようになっています。

自記気圧計は、このような金属のかんをいくつか、重ねあわせたものを使い
気圧のかわっていく様子をペンで記録す

るしかけになっています。



気圧のかわりかた

日本の各地方で気圧を測った結果を見ると、1年間の平均の気圧は
だいたい1010ミリバールから1016ミリバールのあいだにあります。

毎月の平均の気圧を見ると、土地によって多少の違いがありますが
一般に、冬に気圧が高く、夏は低くなっています。

これは平均の気圧の様子ですが、毎日の気圧は、たえずかわっています。

いままで、日本までの気象台で測ったいちばん低い気圧に
1934年9月12日、四国の室戸測候所で、測った912ミリバールです。
また、いちばん高い気圧は、1913年11月30日
北海道の旭川地方気象台で測った1044ミリバールです。

ところで、いままでに述べた気圧の値は
みんな平地で測った値ですが気圧は高いところへいくほど、低くなります。

同じ筑波山でも、海抜870メートルの山頂の測候所では
年平均気圧は915ミリバール、海抜240メートルの中腹では、986ミリバール
海抜30メートルのふもとでは1011ミリバールとなります。

このように気圧に、高さが高くなるほど低くなっています。
地上とて100メートル上空(または山の上)との気圧の差は、12ミリバールです。
このような関係で、気圧を正確に測ると、反対にその位置の高さがわかります。

航空機には、気圧計の一種の器械が備えつけてあって
気圧によって、自分の飛んでいる高さを知ることがでるようになっています。
このような目的に用いる気圧計を高度計とよんでいます。







サブコンテンツ