いろいろな物の比熱と実験による調べ方とは?

いろいろな物の比熱

比熱がもっとも大きいのは水で、なによりもあたたまりにくく、冷めにくいものです。
そのため、海岸地方の気候は温暖で、1日のあいだの気温の変化はわりあい少ないのです。




実験

100立方センチの水と100グラムの食用油をそれぞれビーカーに入れ
これを20℃にしておきます。

このビーカーを大きな入れ物に入れた湯につけ、水と食用油の温度が上がっていく様子を、
縦軸に温度、横軸に時間をとったグラフにしてみましょう。

このとき、10分後には水は40℃に、食用油は62℃になりました。
このことから、水と食月油には同じ熱量をあたえたのに
食用油のほうが早くあたたまることがわかります。

また、水のあたたまり方を示すグラフの傾きは
食用油のそれの、およそ2分の1になっていることもわかります。

このように、同じ熱量を2つの物にあたえても
その温度の上がり方が違ってくるのは2つの物の比熱が違うためです。

また、この実験から。食用油の比熱を計算でもとめることができます。
20℃の水100立方センチが40℃になりましたから10分間に水が得た熱量は
水の比熱が1ですから、2000カロリーになります。

いっぽう、食用油は62℃になりましたから
20℃の食用油100グラムが10分間に得た熱量は、食川油の比熱に
食用油の重さと、食用油が得た温度(温度差)をかけた値になります。

これを式であらわすと、つぎのようになります。

食用油が得た熱量(カロリー)
=食用油の比熱 × 100(g) × 42(温度差)

この熱量と水が得た熱量は等しいので、食用油の比熱は、つぎのような式からもとめられます。

水が得た熱量=食用油が得た熱量2000(カロリー)
=食用油の比熱 × 100(g) × 42(温度差)
食用油の比熱=2000 ÷ 4200≒0.476(カロリー/g℃)

したがって。この実験に使った食用油の比熱は、およそ0.476となります。







サブコンテンツ