カメラのしくみとは? 電気シャッターのしくみとは?

カメラ

カメラには、レンズ・シャッター・しぼり、フィルムをおさめる部分などがあります。
レンズは、写真をうつそうとする物の実像を、フィルムの上につくります。

シャッターは、適当な時間だけ光をフィルムにおくる役目をします。
しぼりは、レンズの光を通す部分の広さをかえるはたらきをします。

フィルムにあたる光の量は、シャッターが開いている時間と
しぼりの面積との積に比例します。

いまでは多くのカメラに、うつそうと思うものにカメラをむけるだけで
その明るさに応じたシャッター速度やしぼりを自動的に調整する
電子の目(エレクトリックアイと言い、この装置をもったカメラを、EEカメラという)
がくみこまれています。

電子の目が光に感じて、シャッター速度やしぼりを調節するのは
この部分に光電池などが使われ、これには、セレン光電池や
硫化カドミウムと水銀電池とをくみあわせたものがあります。




電子シャッター式EEカメラ

ふつうのEEカメラは、光電池などによって生じた電流で電流計の針をふらせ
その針のふれた角度からシャッターやしぼりを自助的に調整しています。

ところが最近開発された電子シャッター式EEカメラでは
うつされるものの明るさを電流の流れの大小にかえて、これをコンデンサーにため
コンデンサーにたまる電気がいっぱいになるまでの時間を
シャッターが開いている時間になるようにしてあります。

そのため、非常に正確な露出時間が得られます。
また、シャッター速度は今までのカメラのように
50万分の1とか100分の1とかという決まった時間ではなく
どんな時間のシャッター速度でも得られます。

ですから、非常に暗いところでも必要な時間だけシャッターを開けておくことができます。

カメラのレンズ

カメラのレンズは、虫眼鏡のように、1枚の凸レンズだけというわけにはいきません。
明るく、広い範囲をうつすために、何枚ものレンズを組み合わせた
レンズが使われています。

これは、1枚のレンズではいろいろな収差があって
はっきりした像をつくることができないからです。

ふつうのカメラには、3枚のトリプレット型が4枚のテッサー型レンズが使われています。
近頃の高級なカメラには10枚近くのレンズが
組み合わさってできたレンズが使われています。

使う目的によって、レンズには、広角レンズ・望遠レンズなどがあります。
広角レンズは、焦点距離が短く同じ大きさのフィルムの上に
広い範囲をうつすことができます。

望遠レンズは、焦点距離が長く、小さな部分を拡大してうつすことができます。

コーティング

カメラのレンズをよく見ると、紫色や、だいだい色に色づいています。
これは、コーティング(反射防止膜)といって
うすい金属(ふっ化マグネシウム・氷晶石など)の膜を
レンズの表面につけて、光の反射を減らし、フィルムのほうへ行く光を増やしています。

立体写真

私たちが、物を立体的に見ることができるのは
左右の目が、少しずつ違った形に見えることによります。

遠くと近くにある2つの物をよく見て、左右の目を、かわるがわる閉じてみましょう。
2つの物の関係が、少し違って見えるのに気がつくでしょう。

写真は1つのレンズで1つの面の上にうつした物ですから
これをいくら左右の目で見ても、写真の中の景色は、立体的には見えません。

実際に両目で見たと同じように立体的な感じを出すのが立体写真(ステレオ写真)です。







サブコンテンツ