超音波と動物の関係とは?

コウモリ

コウモリという動物は、疑問に、暗い洞穴の天井にぶら下がっていて
夕方になると外へ飛び出してきて、空を飛んでいる小さな虫をとらえて食べています。

コウモリは飛びながらキッキッーというするどい声で
(この声の振動数は、およそ2000~3000ヘルツ)を出します。
実際は、私たちの耳では聞こえない、超音波も出していることが、わかっています。

オシロスコープという器械で録音して調べてみると、その超音波の振動数は
コウモリの種類によって違いますが、25~120キロヘルツです。

この超音波は私たちの耳には聞こえませんが、コウモリの耳には聞こえているようです。

そして自分の出した超音波の反射の具合によって
洞穴の壁や木などにつきあたらないように、うまく飛ぶことができるのだと思われます。

そのわけは、コウモリは目を傷つけても、平気で飛ぶことができますが
耳を傷つけこと、たちまち壁などにつきあたって落ちてしまうことが
実験で確かめられたからです。




イルカ

最近、アメリカのパーキングという学者たちが、水族館などで人気者の
イルカも超音波を出して泳いでいることを、確かめました。

これは、まずイルカを、いろいろな邪魔ものを入れた
大きな水槽に入れて、邪魔ものを避けて泳ぐことを、教えこみました。

つぎに目が見えなくても泳げるかどうかを調べるために
そのイルカに、ゴムの目隠しをつけて、水槽に入れました。

すると、イルカは、まえと同じように邪魔ものを避けて
すいすい泳ぐことがわかりました。

このほかにも、いろいろな実験をしたところ、イルカは超音波を出して
それが反射されてくるのを聞きながら、邪魔ものを避けて泳いでいることがわかりました。

動物の中には、コウモリやイルカのほかにも昆虫の仲間などに
私たちには聞こえない、超音波を出しているものがあることがわかっています。

これからの研究によっては、まだこれらの動物のほかにも
超音波を出す動物のいることが、わかることと思われます。







サブコンテンツ