でんぷんの消化とは? てんぷんの消化酵素とは?

食物の中にふくまれる、でんぷんや脂肪、たんぱく質は
非常に大きな分子であったり、また分子どうしがたくさん集まって
大きい粒子をつくったりする性質が強くて
そのままでは、すぐに腸の壁から吸収されません。

そこで、食物が口から胃をとおっていく間に
いろいろな消化酵素のはたらきでより小さい、より吸収されやすい形に変化されます。




でんぷんの消化

でんぷんはぶどう糖が、ちょうどくさりをつくるように
たくさんむすびついてできあがった、たいへん細長い
大きい分子からできています。

でんぷんが体の中に栄養分として吸収されるためには
ぶどう糖にまで分解されなければならないのです。

てんぷんの消化酵素

でんぷんを消化するはたらきをもつ酵素に、アミラーゼとマルターゼがあります。
アミラーゼは、さらにそのはたらきの違いによって
αアミラーゼと、βアミラーゼの2つに分けられます。

これらは、でんぷんを麦芽糖にまで分解するはたらきをします。
このうちαアミラーゼは、おもにだ液中にふくまれています。

また、すい臓からでるすい液の中には
αアミラーゼとβアミラーゼがふくまれていて
十二指腸ででんぷんにはたらきます。

マルターゼは、アミラーゼが分解した麦芽糖を
さらにぶどう糖にまで分解し、腸の壁から吸収されやすいようにする酵素です。
マルターゼは、腸の壁から分泌される腸液中にふくまれています。

アミラーゼのはたらき

でんぷんが消化される第一段階では、このでんぷんをつくっている300個
あるいはそれ以上たくさんの、ぶどう糖とぶどう糖の間の
むすびめが切られて、小さくなっていきます。

このはたらきをするのがアミラーゼですが
この切り方には2種類の方法があります。

1つは細長いくさりをでたらめに、ばらばらに怖していくやり方で
もう1つは、くさりのはしから、きちんと一定の間隔をおいて切っていくやり方です。

第一の方法で切られた場合、最初にできるものは
なおぶどう糖がたくさんつながった形をしています。

これをデキストリンといいますが、このデキストリンは
そのままでは、まだ吸収されません。

第二の方法では、でんぷんは2個のぶどう糖が結合したものとして
順々に切りはなされながら、どんどん小さいものになっていきます。
この場合できるものは、ぶどう糖2個が結合した糖、すなわち麦芽糖です。



第一の方法で、でんぷんを壊していくはたらきをもったアミラーゼをαアミラーゼ
第二の方法で、でんぷんを壊していくアミラーゼをβアミラーゼといいます。

αおよびβアミラーゼはもちろん、デキストリンにもはたらいて
麦芽糖をつくるはたらきをします。

私たちが、でんぷんをたくさんふくんでいる食物をよくかんでいると
しだいに甘さがましてくることに気がつくでしょう。

これは、だ液の中のアミラーゼによって
でんぷんから、おもにデキストリンができ
さらに、しだいに麦芽糖ができるからです。

だ液にふくまれているアミラドセ
(おもにα アミラーゼで、プチアリンとよばれることもある)によって
充分に分解をうけなかったでんぷんやデキストリンは
胃の中では、ほとんど酵素のはたらきをうけません。

それは、胃液の酸性が強いので
だ液のアミラーゼの活動がとめられてしまうからです。

しかし、胃に入ったものがしだいに十二指腸に入っていくにつれて
ふたたびアミラーゼのはたらきをうけるようになります。

それは、すい臓から腸の中にだされている塩基性のすい液の中に
いろいろな消化酵素がふくまれ、その中にアミラーゼもあるからです。

マルターゼのはたらき

アミラーゼによって
でんぷんは腸の中で二分子のぶどう糖からなる麦芽糖にまで
完全に分解されていきますが、これはまだ吸収できる形ではありません。

でんぷんが栄養分として、腸から吸収されるためには
ぶどう糖の形にならなければならないのです。

小腸の壁からはマルターゼをふくんだ腸液が分泌され
ここで、麦芽糖はさらに分解をうけて、完全にぶどう糖にまで壊され
やがて小腸の壁から血液中に吸収されていくのです。







サブコンテンツ