アルコール発酵とは?

アルコール発酵

アルコールをつくる目的で、でんぷんや糖蜜などの糖分を
微生物のはたらきでアルコールにかえる発酵のことですが
その目的によって、原料や仕こみの方法などが、いろいろと違ってきます。




清酒(日本酒)

清酒をつくるには、まず、よく精白した白米に
アスペルギルス=オリジエというカビを繁殖させた
米こうじというものをつくります。

この場合、白米は米の外側に多いたんぱく質を、できるだけ取り除いておきます。

このようにしてつくったこうじには
カビによってつくられたいろいろな種類の酵素(アミラーゼーマルターゼなど)が
たくさんふくまれています。

このこうじと蒸米(蒸した米)、酵母、適当な量の水とをまぜあわせておくと
蒸米のでんぷんはしだいに分解されて、麦芽糖などの糖類にかわります。

こうじによって分解された糖類は
酵母の中にとりこまれて、いろいろな酵素の作用により
ついに二酸化炭素とアルコールにまで分解されてしまいます。

こうしてできたものを酒母といいます。
酒母に蒸米・水をくわえて、さらに発酵をつづけます。

アルコール濃度が15パーセントぐらいになると
酵母の発育はとまり、発酵もだいたい終わりになります。
こうしてできたものを熟成もろみといいますが。
これをしぼると、清酒ができます。

清酒は保存のために、火入れをし適当なアルコール濃度に調節して
市販清酒ができあがります。

日本酒以外の酒、たとえばビールの場合には
米こうじのかわりに麦芽を使います。

麦芽の中には、強力なアミラーゼがふくまれています。

このアミラーゼで、麦芽の中のでんぷんや
いっしょにくわえたでんぷんを糖化したのち
さらにビール酵母をくわえて発酵させます。

また、このとき、風味をたかめる目的でホップをくわえます。

原料として糖蜜のようなものや、ブドウの果汁などを用いた場合は
アミラーゼででんぷんを麦芽糖にかえる
いわゆる糖化の工程がはぶけるので酵母で、ただちに発酵させます。

このあと、蒸留して、アルコールなどのき発分を集めたものには
ラム酒などがあります。

焼酎は、穀類やイモ類を糖化し、発酵させたあと
揮発分を蒸留してつくったものです。



実験

ブドウの果実を、水であまり洗わないで、よくすりつぶし
これを、皮ごと、ビール瓶のようなものに3分の2ほどつめておきます。

数日経つと瓶の中で、さかんに泡がでてくるのが観察されます。
このときゴム栓の中央に、細いガラス管を通したものをとりつけて栓をします。

ガラス管のはしは、瓶の中の液面より少し上にはなしておきます。
つぎに、このガラス管の上のはしに、ゴム管をつなぎ
このゴム管のいっぽうを別なガラス管につないでおきます。

このようにしたガラス管を
新しくつくった水酸化バリウム(消石灰の水溶液でもよい)の水溶液に近づけるか
少しつけるようにします。

すると、水酸化バリウムの水溶液が、白い膜に包まれたり
中に白い沈殿ができたりするのが観察されます。

これは、ブドウの実についている酵素によって
ブドウの中の糖分が分解され、発酵して二酸化炭素ができた証拠です。

つまり、ブドウの中の糖分が
一部発酵してアルコールと二酸化炭素になったのです。

水酸化バリウムは、二酸化炭素にあうと水に溶けない
白色の炭酸バリウムを生じるので、二酸化炭素の存在を確かめるのに使われます。







サブコンテンツ