イオンとは? イオンのつくりと表し方とは?

陽イオンと陰イオン

塩化第二銅の水溶液を電気分解するとき
銅は陰極の表面につくのですから
溶液中の銅は、陰極に引きつけられるような溶け方をしていると考えられます。




それには、銅が十の電気を帯びて溶けているのにたいして
塩素は一の電気を帯て溶けていると考えれば
電気分解か起こる仕組みを無理なく説明づけることができます。

塩化第二銅が水に溶けたときには+の電気を帯びた銅の原子と、
-の電気を帯びた塩素の原子とになっています。

ところが、水溶液に浸された電極のうち陰極のほうには
-の電気がきていますから+の電気を帯びた銅の原子が
引きつけられ電極の表面につきます。

ここで+と-の電気がいっしょになるために
電気を帯びていない銅の原子になるわけです。

一の電気を帯びた塩素の原子は陽極に引きつけられ
電気を失って塩素原子になりますが
塩素原子が2個むすびついて1個の塩素分子をつくります。

塩素分子はかなり水に溶けますが
気体になって空気中に出ていくものもあります。

ここで、最初に考えたような電気を帯びた原子のことをイオンといいます。
そして+の電気を帯びた原子を陽イオン
-の電気を帯びた原子を陰イオンといいます。

イオンのつくリ

原子のつくりは前に調べましたが
イオンのつくりは原子のつくりとどう違うのでしょう。

原子は、+電気をもった陽子と電気をもたない中性子とがつまった原子核と
その周りを取り囲む電子とでできていました。

しかも、陽子の数と電子の数とは同じでした。
陽子がもっている十電気の量と電子がもっている一電気の量とは同じですから
原子ではそれらが互いに打消しあって
電気的に+も-もしめさない中性になっています。

ところが、原子から電子をいくつか取り去ると
原子から-電気の量が減るので+電気があまり
原子は十電気を帯びた状態になります。

これが陽イオンです。



また、原子に他から電子が加わると-電気の量が増えるので
原子は、-電気を帯びた状態になります。

これが陰イオンです。

いろいろな元素の原子のどれが陽イオンになりやすいか
陰イオンになりやすいかということは
その原子にふくまれている電子の数によって決まります。

いいいかえれば、元素の種類によって決まるわけです。

一般に金属元素の原子は陽イオンになりやすく
非金属元素の原子は陰イオンになりやすくなっています。

また、1個の原子から電子がとれたり
電子が加わったりして陽イオンや陰イオンができるだけではありません。

いくつかの原子がむすびついた原子の集団から電子がとれたり電子が加わったりして
原子の集団全体として1個の陽イオンや陰イオンとなるときもあります。

例えば、硫酸の水溶液にはイオウ原子1個と酸素原子4個とからできた原子の集団に
2個の電子が加わった硫酸イオンとよばれる陰イオンがふくまれています。

イオンのあらわし方

原子1個は元素記号であらわし、分子1個は分子式であらわされます。

また、いろいろな物質は化学式であらわされています。
イオンをあらわすのには元素記号と
+や-の電気の量をあらわす記号とが使われています。

1個の原子が1個のイオンになった場合は、その元素記号で種類をあらわし
陽イオンの場合は元素記号の右肩に+の記号
陰イオンの場合は-の記号をつけます。

そして、何個の電子が離れたり加わったりしたかによって
+や-の記号にその数をあらわす数字をつけます。

また+や-の記号をその数だけならべる書き方もあります。

これをイオン式といいます。

例えば、第二銅イオンの場合は
原子から2個の電子が離れて+電気を帯びるのですから
銅の元素記号Cuにの右肩に+をつけます。

Cu2+または、Cu++のとなるわけです。

イオンに関係する電子の数1が1個のときは
+や-に数字をつけないことになっています。







サブコンテンツ