味噌・醤油発酵とは?

味噌・醤油発酵

味噌も醤油も、大豆や小麦、米などに、カビを繁殖させ
そのカビのだす酵素のはたらきによって発酵させた調味料です。




醤油

蒸した大豆といった小麦をまぜたものに、醤油種こうじ菌を繁殖させ
まず醤油こうじをつくります。

このこうじは、強力なでんぷん分解酵素やたんぱく質分解酵素をふくんでいます。
この醤油こうじに、18パーセントの食塩水を同量くわえて
よくこねあわせておくと、醤油もろみができます。

このようにしてつくった、醤油もろみは
一年以上も、ときどきかきまぜながらほうっておきます。

そのあいだに、こうじの中にふくまれる酵素のはたらきによって
でんぷんからは糖ができて甘みをまし
また、たんぱく質からはペプチドやアミノ酸ができて、うまみをまします。

このような分解作用は、濃い食塩水の中でも生きていけるような
特別な微生物のはたらきによっても、助けられます。

このようにして、充分に分解のすすんだ
熟成したもろみをしぼると、生醤油ができます。
これを火入れして、殺菌し樽や瓶などにつめて、市場へだすのです。

味噌も、そのつくり方は、醤油とだいたい同じですが
こうじに、大豆と小麦のほかに、米などをくわえて甘みを強くし
仕こみのとき、水分を少なくするのです。醤油にくらべると
熟成の期間は、そう長くありません。

チーズ

チーズは、牛乳に酵素をはたらかせ、たんぱく質を分解した食品です。

牛乳は、多量のたんぱく質(カゼインなど)や、脂肪・糖分をふくんでいます。
この牛乳に、レンネットという酵素をくわえると
カゼインは水に溶けなくなって、脂肪といっしょに沈殿します。
これをカードといいます。

これを布でこして、水分を分離したのち
そのままか、いちど加熱し、さらに加圧して一定の形にします。

これに細菌やカビ(アオカビ)をはたらかせると
しだいにその中のたんぱく質が分解し、風味とうまみをもったものにかわります。
これがチーズです。







サブコンテンツ