塩基と塩基性とは?

アンモニアの水溶液

アンモニアは、20℃での水に、水の700倍ぐらいの体積が溶けます。

アンモニアの水溶液に、青色リトマス紙と赤色リトマス紙を入れると
二酸化炭素の水溶液の場合と違って
赤色リトマス紙は青くなりますが青色リトマス紙は色がかわりません。




一方、乾いたアンモニアの気体の中に
青色リトマス紙と赤色リトマス紙を入れてみると
どちらも色がかわりません。

しかし、この場合でも、リトマス紙が水分を吸っていたり
アンモニアがよく乾いていないで、水分をふくんでいたりすると
アンモニアの水溶液のときと同じように
赤色リトマス紙の色が青くかわります。

これは、アンモニアの気体がアンモニアや
リトマス紙にふくまれる水分といっしょになって
アンモニアの水溶液と同じはたらきをするからです。

アンモニアは水に溶けると、水と反応して、下の式のよう
に、アンモニア水ができるのです。

48

この実験で乾いたアンモニア(水酸化ナトリウムか水酸化カリウムを詰めた瓶の中を通す)には、乾いたリトマス紙の色をかえるはたらきがなく
水に溶けてアンモニア水になると、赤色リトマス紙の色を
青色にかえるはたらきをもつようになることがわかりました。

アンモニア水のよに、赤色リトマス紙の色を青色にかえる物質を
塩基またはアルカリといいます。

また、塩基のもっている性質を塩基性といいます。



塩基の電離

アンモニアが水に溶けると、アンモニア水ができ
塩基のはたらきをしますがアンモニア水そのものが
塩基のはたらきをしめしているのではありません。

47

アンモニア水の一部は、左の①式のように変化し
アンモニウムイオンと水酸イオンとに分かれています。

同じように、水酸化ナトリウムが水に溶けると
そのほとんどが上の②式のように
ナトリウムイオンと水酸イオンとに分かれます。

このように、塩基がアンモニウムイオンや
ナトリウムイオンのような陽イオンと
陰イオンである水酸イオンとに分かれることを、塩基の電離といいます。

塩基のはたらきをするのはアンモニア水や
水酸化ナトリウムのものではなくて
これらが電離してできる水酸イオンなのです。

電離してできる陽イオンは、塩基のはたらきには直接関係しません。

したがって、塩基と塩基性ということを
水酸イオンを使っていいあらわすと
塩基というのは、電離によって水酸イオンをだす物質のことで
塩基性とは、水酸イオンのもつ性質であるということができます。

塩基とアルカリ

水溶液の中で電離して、水酸イオンをだす物質を
塩基といいましたが、アルカリともいいます。

アルカリというのは、塩基のなかでもよく水に溶け
強い塩基性(アルカリ性)をしめす物質をさします。

ふつう、ナトリウム・カリウムなどのアルカリ金属の水酸化物や
カルシウム・バリウムなどのアルカリ土類金属の水酸化物例えば
水酸化ナトリウムや水酸化バリウムなどを、アルカリといっています。

突然には、アルカリ・アルカリ性というかわりに
塩基・塩基性という言葉を使います。

塩基の性質

塩基は、水酸イオンをだす物質です。
ですから、いろいろな塩基は水酸イオンの性質を共通にもっているわけです。
つまり塩基に共通した性質は、水酸イオンの性質ということになります。

水酸イオンのおもな性質は、つぎのとおりです。

① 塩化鉄・硫酸銅のような重金属の塩の水溶液から
よく水酸化物をつくります。

これは、水酸イオンが、金属の陽イオンと反応して
水に溶けにくい水酸化物をつくるからです。

② リトマスのような指示薬に、塩基性特有の色をつけます。

③ 酸と中和反応をおこします。







サブコンテンツ