天然ガスの種類・成分・用途とは?

天然ガスとは、天然に地中からでるガスのことです。
広い意味では、二酸化炭素のような燃えないガスや
二酸化硫黄・硫化水素のようなガスも天然ガスにふくまれますが
ふつうは、メタンのような、燃える炭化水素が
主成分になっているガスのことを天然ガスといっています。




天然ガスの種類

天然ガスには、油田ガス・炭田ガス・共水性天然ガス
構造性天然ガスなどの種類があります。

油田ガスは、原油といっしょに油層の中にたまっているもの
炭田ガスは、石炭の層に溶けこんだり、吸いつけられたりしているものです。

また、共水性天然ガスは海水の10分の1くらいの濃さの塩水に溶けて
地層にふくまれているものです。

構造性天然ガスは、これらのガスと違って
天然ガスだけが地層の中にふくまれているものです。

これらの天然ガスをとりだすためには
石油をくみだす油井と同じようなガス井をほって吹きださせたり
ポンプでくみだしたりして集めます。

天然ガスの成分

天然ガスの成分は石油と同じように、いろいろな種類の炭化水素です。
しかし、石油の主成分が、ふつうの温度では液体になるような
大きな分子の炭化水素であるのにたいし
天然ガスの主成分は、ふつうの温度では気体になるような、小さな分子の炭化水素です。

天然ガスには、炭素原子1つの炭化水素メタンだけしかふくまないものと
メタンのほかに、エタン・プロパン・ブタンなどをふくむものとがあります。

メタンだけの天然ガスを乾性ガスといい
プロパンやブタンをふくむものを湿性ガスといいます。
これは、プロパンやブタンは、冷やしたり、圧力をかけたりすると液体になるからです。

日本の天然ガスは、秋田県や新潟県の油田からでる油田ガスが湿性であるほかは
ほとんどすべて乾性ガスです。
とくに新潟県・千葉県では、共水性の乾性ガスが、非常に多くとれています。

世界の天然ガス生産高の、65パーセン卜をしめるアメリカ合衆国では
油田からでる、湿性の油田ガスが、そのほとんどをしめています。



乾性ガス

天然ガスの成分は、炭化水素ですから、燃料として利用されます。
ところが、メタンは、プロパンやブタンと違って、非常に液体になりにくいので
パイプでひいて使ったり、高い圧力に耐えるボンベにつめて運び
それからとりだして使ったりしています。

たとえば、アメリカ合衆国や西ドイツでは
天然ガスのとれる地域から都市までパイプをひいて
天然ガスを都市ガスとして使う方法を、以前からおこなっています。

日本でも、新潟県の天然ガスをパイプで東京におくり
ほかのガスにまぜて東京付近の家庭に供給することになり
1963年11月から、はじめられています。

このほかメタンはホルムアルデヒド・アセチレンなどの原料として使われ
これらの薬品からたくさんの化学製品がつくられています。

湿性ガス

湿性ガスにふくまれる、プロパンやブタンは、たやすく液化されるので
液化石油ガスと同じように利用されています。

かんたんに液化しないメタンやエタンなどは、乾性ガスのメタンと同じように利用されます。







サブコンテンツ