液体燃料とは? 原油・石油・ガソリン・灯油とは?

液体燃料どいうと、私たちにすぐ石油を思いだします。
石油は原油として地下から取り出されています。




石油の主成分は炭素と水素の化合物です。
この炭素と水素の化合物は炭化水素とよばれますが
これには炭素や水素の数の違いや
むすびつき方によって、非常にたくさんの種類があります。

石油は、これらのいろいろな炭化水素がまじあったものなのです。

ガソリン(揮発油)

石油をつくっている炭化水素のうちで
沸点がいちばん低い炭化水素です。

このうち、沸点が150℃ぐらいのものが自動車の燃料に
沸点が100℃ぐらいのものが航空機の燃料に使われます。

灯油

沸点が200℃以上の炭化水素で揮発油ほど引火点が低くありません。

石油ストーブなどに使われます。



重油

沸点が350℃以上で、引火しにくい炭化水素です。
重油は、管からふきださせてボイラで燃やしたり
霧にしてディーゼルエンジンにふきこみ、爆発させて使ったりしています。

液体燃料の燃え方

液体燃料が燃えるときには気体になって
炎をあげて燃え、熱を出して物を温めるか
蒸気や霧になって気体にまざり
爆発的に燃えて直接、物を動かすかしています。

自動車や飛行機のエンジンの中で
揮発油が気体になり、空気とまざって爆発するときは
いつも決まった燃え方をしなければなりません。

それで、飛行機に使われる揮発油などは
とくに詳しく研究されています。

その他の液体燃料

メチルアルコールやエチルアルコールなども
燃料として使われることがあります。







サブコンテンツ