石油製品とは? 石油の成分とは?

石油の成分

石油はいろいろな炭化水素がまじりあったものです。
炭化水素というのは、炭素原子と水素原子だけからできている化合物で
いちばん簡単なのはメタンですが、それよりも分子が大きく
炭素がくさりのようにつながったもの、六角の輪につながったもの
枝分かれしたものなど多くの種類があります。




どのような種類の炭化水素が多くふくまれているかは、石油の産地によって違います。
たとえば中東地方やアメリカ東部地方の石油は
パラフィン系(くさり状)炭化水素が多くふくまれ
それにたいしアメリカ西部地方や日本の石油には
ナフテン系(分子に輪の部分がある)炭化水素が多くふくまれています。

なお、主成分の炭化水素のほかに、硫黄をふくむ化合物
窒素をふくむ化合物、酸素をふくむ化合物なども原油の中に少しずつ入っています。

81

石油製品

原油から分けてとったり、またそれを加工してつくりだした製品を石油製品とよびます。
もとになる原油の主成分が炭化水素ですから
石油製品も当然いろいろな炭化水素の混合物です。

石油製品には、石油ガス・ガソリン・灯油・軽油・重油
石油コークス・アスファルト・潤滑油(機械油)などがあります。

そしてこれらは、おもに燃料や機械の潤滑用に使われます。
なおこれらの用途のほか、石油製品は薬品や化学工業原料として使われます。







サブコンテンツ