酸と塩基の関係とは?

純水の電離

純粋な水も、ごくわずかですが
水素イオンと水酸イオンとに電離しています。




この場合、水1分子から水素イオンと水酸イオンが1つずつできるので
水素イオンと水酸イオンの数は等しくなります。

このことを、水素イオンの濃度と水酸イオンの濃度が等しいといいます。

水素イオンの濃度と水酸イオンの濃度とが等しいときには
酸性と塩基性が、互いに打ち消しあうので
どちらの性質もあらわれません。

ところが、純粋な水に酸を加えると
酸の電離によって、水素イオンが増えるので
水素イオンの濃度が水酸イオンの濃度より大きくなります。

そのため、溶液は酸性をしめすようになります。
また、純粋な水に塩基を加えると
逆に、水酸イオンの濃度が水素イオンの濃度より大きくなって
溶液は塩基性をしめすようになります。



水素イオン濃度と水酸イオン濃度の関係

水素イオン濃度と水酸イオン濃度とのあいだには
いっぽうが増えるるといっぽうは減るという関係があります。

そして、その関係は、いっぽうが倍になるといっぽうは
半分になるという、規則正しいものです。

つまり、水素イオン濃度と水酸イオン濃度をかけあわせたものは
いつも一定になるわけです。

49

このことは、水素イオン濃度を「H+]、水酸イオン濃度を[OH]であらわすと上の式のようになります。

この式からもわかるように、水素イオン濃度が決まると
ひとりでに水酸イオン濃度も決まっててしまい
どちらかいっぽうの濃度だけをかえることはできません。

つまり、酸性・塩基性の強さは、水素イオン濃度だけで
あらわすことができます。







サブコンテンツ