酸素の性質と用途とは?

酸素の性質

酸素は、色もにおいもない気体です。
水には溶けにくく、20℃の水1立方センチにたいして
0.031立方センチしか溶けこみません。




比重は、空気を1とすると1.105です。
酸素は、物が燃えるのを、助けるはたらきをします。

空気中で物が燃えるのも、酸素のはたらきによるのですが
空気は、酸素が4倍もの窒素で薄められているので、物の燃え方も静かなのです。

酸素のこのはたらきを調べるには集気瓶に集めた酸素の中で
いろいろな物を燃やしてみるとよくわかります。

実験

①燃焼さじに、硫黄の粒か粉を少しとって
アルコールランプの炎にかざして燃やします。

空気中では、うす紫色の弱弱しい炎を出して
燃えますが、これを酸素の入った瓶の中に入れると、激しく燃えだします。

②鉄製の針金の先に小さい木ぎれをむすびつけ、この木ぎれに火をつけます。

このままでは、鉄が燃えだすことはありませんが
これを酸素の入った瓶の中に入れると鉄が激しく燃えます。

③赤く火のついた木炭の1かけらを
酸素の中に入れると、激しく燃えだします。

このような実験によって
酸素には、物を燃やすはたらきがあることがわかります。

もし、空気中に窒素がなくて酸素ばかりだったら
ちょっとマッチをすっても、激しく燃えだし
間違えると大火事になってしまうわけです。



酸素の用途

酸素は、生物の呼吸になくてはならぬものです。
それで、潜水夫や呼吸困難な病人の吸入用などに使われます。

また、酸素アセチレン炎といって
酸素とアセチレンをいっしょに燃やすと高い温度の炎がでるので
鉄の溶接や、切断などに利用されます。

そのほか、金属の製練や炉を使う工業に
また、口ケットの燃料などとして大量の酸素が使われます。

オゾン

乾いた酸素中か空気中で
火花を飛ばさない放電を行うと
酸素の一部がかわってオゾンができます。

ふつうの酸素は、2つの酸素原子が集まって、1つの分子になっていますが
オゾンは、3つの酸素原子で、1つの分子を形づくっているものです。

オゾンは、特別のにおいのある
うす青色の気体で、殺菌力や漂白作用(色を白くする作用)が強く
また、酸化されやすいものに触れると
そのものを酸化して、すぐふつうの酸素にもどる性質をもっています。

このような性質を利用して
空気や飲料水の消毒、油の漂白、酸化剤などとして使われています。

オゾンは、放電によるだけでなく
紫外線が空気にあたるときなどにもできます。







サブコンテンツ