ガスの発見はいつ頃? ボイルの実験とは?

ボイルの実験

今までの研究のうえにたって、さらに研究をすすめたのは
イギリスのロバート・ボイルでした。

彼は仲間をつくって、ものが燃えるわけや
金属の化学変化などについて、熱心に研究しました。
そして「化学変化の研究を、本当の学問として研究しなければいけない」と考えました。

こうして、彼は、後に「化学の父」とよばれるようになりました。
ボイルとその仲間は「ポンプで空気を抜き取った器の中では、物が燃えない」
ということを発見しました。

またボイルたちは、つぎのような実験をしました。

ガラス瓶を逆さにして、その中でろうそくを燃やし、瓶を水の上に伏せました。
やがて、ろうそくの炎が消えて、水が瓶の中へ上がってきました。

こんどは、ガラス瓶の中で、ろうそくを燃やし、その後にネズミを入れてみました。
ネズミは、窒息して死にました。

このような実験から、空気がないとものは燃えないし
動物も呼吸ができなくて死んでしまうことがわかりました。




酸素ガスの発見

1774年、イギリスの化学者プリーストリーは、つぎのようにして酸素ガスを発見しました。

彼は、水銀を空気の中で熱しました。
すると水銀は、赤い灰のような物質にかわりました。
つぎに、この物質を集めて、ガラス瓶に入れ
大きなレンズで光線を集めて、この赤い灰を強く熱しました。
すると、赤い灰のような物質からガスがでて、灰は、もとの水銀になりました。

またプリーストリーは、ガスを集めて、よく調べました。

そのガスの中では、物は空気の中よりも激しく燃えます。
また彼は、ネズミを、このガスを詰めた瓶の中へ入れました。
ネズミは、同じ体積の空気の中へ入れたときより、2倍から3倍も長く生活できます。

「この赤い灰のような物質から出たガスは、物を燃やすはたらきをする」と
プリーストリーは考えました。







サブコンテンツ