合成樹脂(プラスチック)が工場生産されるようになったのはいつ頃?

合成樹脂(プラスチック)というと、とても新しいもののような気がします。
しかし、1869年にアメリカのジョン・ハイヤッ卜という
印刷工がセルロイドを発明しています。

このセルロイドが合成樹脂の元祖であるということはできますが
その材料は綿やショウノウであり、いずれも天然のものです。
ちょうど人絹と同じように全くの合成品とは言えません。

それではベークライト(フェノール樹脂の一種)はどうでしょうか。

これはベルギーにうまれた化学者
レオ・ヘンドリック・ベークランドが1909年に発明した合成樹脂です。

フェノールとホルムアルデヒドとからつくったもので
完全な人工合成樹脂ということができます。

日本で最初に生産された合成樹脂はセルロイド(1908年)
ついでベークライト(1914年)、3番目がユリア樹脂(1929年)です。

また、1941年から塩化ビニル樹脂(塩ビ)が1956年にはポリニチレンが生産されました。

そのほか、ほとんどあらゆる合成樹脂が現在、生産されています。







サブコンテンツ