宇宙開発がはじまったのはいつ頃?

人類は、随分遠い昔から、宇宙やもろもろの天体に関心をよせてきました。
しかし、天休の科学的観測がおこなわれ、その観測結果にもとづいて
正しい宇宙の姿が描かれはじめたのは、ルネサンス期以後のことです。




さて、20世紀に入ると天文学はますます大きな発展をとげます。
その原因の第一は、科学者たちが自分の観測した結果にもとづいて
自由な考えかたをしてもよいようになったこと
(コペルニクスやガリレオの時代は、キリスト教によって厳しい制限をうけていました)、
また、望遠鏡などの観測手段が非常な進歩をとげたこと
数学の発達などもその理由にあげられます。

まず、1904年、アメリカのカーリフォルニア州ウィルソン山の頂上に
ウィルソン山天文台が開設されました。

この天文台に1917年、口径258センチの反射望遠鏡がすえつけられました。

反射望遠鏡はもともと、イギリスの科学者アイザク・ニュートンが
1670年ごろに発明したもので、それまでの屈折望遠鏡の対物レンズのかわりに
凹面鏡を使い、物体からくる光をこの鏡で反射させ
さらに第二の鏡でこの反射光を観測に適当な場所に集めるようにしたものです。

反射望遠鏡を使うと、星雲のように
非常に弱い光しか出していないものの観測もできます。
そこで、ウィルソン山天文台はつぎつぎと新しい星を発見したのです。

ついで、1948年、同じくカリフォルニア州パロマー山天文台に
口径508センチの大反射望遠鏡が完成するにおよんで
宇宙をさぐる私たちの目は、さらに果てしなく遠いところにまでおよぶことになりました。

この世界一の大反射望遠鏡は、20億光年の彼方の星まで探ることができるのです。
ところが、電波望遠鏡というのを使えば、さらに遠くの星まで探ることができるのです。

天体が電波を出しているということは、誰も予想していなかったことですが
1931年、アメリカのベル電話研究所の技師、カール・ジャンスキーという人が
まったく偶然の機会から、ある種の電波が
天空の彼方から送られてきていることを発見しました。

あまりにも予想外のことでしたので
はじめはジャンスキーの発見に疑いをもつ人が多かったのですが
第二次大戦中、やはり偶然に太陽からの強い電波が受信され
それ以来、天体からの電波に関する研究がにわかにさかんになり
電波天文学という新しい分野がうまれたのです。



それまでの天文学は、いわば光を手がかりにしていました。
ところがこんどは電波という新しい武器が使えるようになったわけです。
電波を出している星、いわゆるラジオ星はつぎつぎと発見され
今日ではその数が数千個にも達しています。

これらの星の存在は、光学的研究によって築き上げられた
それまでの天文学による宇宙像を大きくかえさせることになりましたが
電波天文学の発達にともない、反射望遠鏡による天体観測にも思いがけない
新しい面が開けてきました。

たとえば、こんなことがあります。

1952年、イギリスの電波天文学者ライルとスミスは電波をたよりに
白鳥座のラジオ星(2億光年)の位置を正確に決定しましたが
このデーターにもとづいて、パロマー山の508センチ反射望遠鏡を
その位置に向けてみたところ、そこではなんと
それぞれ1000億の恒星をふくむ2つの大星雲が
激しく衝突しあっているさまがみられたのです。

広大な宇宙空間における、巨大な星雲同士の衝突
これほど恐ろしい劇的な眺めも待たないでしょう。

こうして、いわば偶然の機会から誕生した電波天文学は
あるいは、それまでの天文学を助け
あるいはその限界を越える宇宙の先の先まで探り続け
宇宙についての私たちの知識をさらにさらに広げ続けているのです。

いま活躍している世界最大級の電波望遠鏡は
イギリスのチェシャー州ジョドレルバンク天文台に備えられているもので
そのパラボラ型アンテナの直径は76メートルもあります。

この電波望遠鏡が、アメリカやソ連の打ち上げる
人工衛星や人間衛生の宇宙飛行の様子を捕えています。







サブコンテンツ