科学嫌いの古代ローマ人の特徴とは?

ローマ人の特徴

やがて、ローマ人がヨーロッパを支配しましたが
このローマ人は、ギリシア人のように天体の動きを調べたり
物質のしくみを探ったり、図形の性質を考えたりすることを嫌いました。

ですからローマ人は、科学の新しい発明や発見は、ほとんど何もしていません。

しかし、広い領士を治めるための立派な法律を定めたり
大きな建物や道路をつくったり、水道をひいたりしました。

このようにローマ人は、実際の生活に役立つようなことを、どんどんすすめました。




ローマの科学者

ローマ時代にも、科学や技術を研究する人がいなかったわけではありません。

たとえば、ヘロンは、数学が得意でした。
数学を使って、測量などをしています。

また、空気や蒸気の性質を研究して
水オルガンや、蒸気の力で動く汽力球など、おもしろい器械をつくりました。

プトレマイオスは、「アルマゲスト」という天文の本を書いています。

これはおよそ1800年まえのことです。
この本には天動説のことが、うまくまとめて書いてありました。

この天動説は17世紀まで、天文学の考えかたの中心になりました。
また、このころガレノスという医者があらわれました。

ガレノスは、心臓と血液のはたらきのつながりを詳しく調べしました。
そして、動脈が血液をおくっているということを、はじめて明らかにしました。







サブコンテンツ