テレビジョン放送のしくみとは?

テレビジョン受像機

テレビジョン受像機には
ふつう20本くらいの真空管やトランジスタなどが使われています。
そのうちいちばん大切なのは、ブラウン管です。

アンテナで受信した電波を増幅し
それから、信号電流(映像電流と音声電流)をとりだします。
これは、ラジオの電波から音声電流をとりだす検波にあたります。

とりだした信号電流のうち、音声電流は増幅してスピーカーへおくり
音声をださせ、映像電流も増幅してからブラウン管へ送ります。




ブラウン管

ブラウン管は、電流の強弱を光の強弱にかえる真空管です。
ブラウン管の中には、速い電子の流れをつくる部分(電子銃という)
その流れを調節する部分、電子の流れがあたると
光る部分(蛍光面)があります。

映像電流がブラウン管に届くと
電流の強弱の通りに蛍光面の明るさがかわり、映像になります。

放送局で電気にかえられた光が、また光にもどって
実際に目に見えるようになるわけです。

テレビジョン放送のしくみ

テレビジョンは、音といっしょに、いろいろな映像を
電波にのせて放送するしくみです。

イメージオルシコン

ラジオ放送では、マイクロホンで音波を電気振動にかえました。
ところが、テレビジョンでは光の強弱を
電流の強弱にかえなければなりません。

このはたらきをするのがテレビカメラのイメージオルシコンです。
テレビカメラでは、ふつうのカメラのフィルムにそうとうするところに、
イメージオルシコンの光電面というスクリーンがあります。

テレビカとフのレンズを通った光で、スクリーンの上に像ができると
そこから電子(光電子)が飛出します。
光電面というのに、光を電気にかえる面という意味です。

光電面は強い光があたったところからはたくさんの光電子が飛出し
弱い光があたったところからは、光電子が少し飛出します。

ですから、光の明暗を、電流の強弱にかえることができます。
この電流を映像電流と言います。

音声は、マイクロホンで音声電流にかえて増幅し
別につくった100メガヘルツくらいの高周波を
映像電流と音声電流がいっしょにのるように変調して
アンテナから電波として送りだします。

カラーテレビジョン

レンズを通った光を三原色(赤・緑・青)にわけて
その三原色をふつうのテレビジョンと同じように電流の強弱にかえて
超短波などにのせて送ります。

電波をうける受像機には
ふつう3本の電子銃と三原色の蛍光を出す物質を
細かくぬりわけた蛍光面があり、おくられてきた電流を映像電流にかえ、
三原色をうまく重ね、もとの映像をつくりだすようになっています。







サブコンテンツ