電子計算機とは?

人間はいろいろな機械を発明して、科学を発達させました。
そして、人間が力を使ってするしごとを機械にさせるようになりました。

機械は人間の手や足ではできないような大きな力や速さで
しごとができます。

そのうえ人間は、頭を使ってするしごとまでも
機械にやらせることができるようになりました。




人間がやれば何十年もかかるというような
面倒な計算をたった何秒という短い時間に
しかも間違えないで計算する機械が、いまでは使われています。
電子計算機はそういう機械です。

1946年に、アメリカのエニアックという電子計算機は
数千の真空管を使い、円周の長さと直径の割合
つまり円周率を二千余けたまで計算しました。

電了計算機の大きなものは、トランジスタなどを何万本も使っています。
最大では、トランジスタよりもさらに小型の集積回路(IC)を
使ったものがつくられています。

電子計算機は計算をするだけではなく
非常にたくさんの資料の整理をしたり、統計をとったり
その結果を覚えておくこともやります。

そればかりでなく、将棋をさす機械も、電子計算機のしくみでできます。

また、翻訳する機械
たとえば、ロシア語を英語になおしたりすることができる機械もあり
日本語を英語になおす機械も考えられています。

これらの機械は電子頭脳と言われます。

電子頭脳は、化学工場などの機械をあやつるのにも利用され
オートメーションといって、人間のいらない工場もできています。

制御室には計器を見つめる人が2、3人いるだけで
機械が故障すればブザーが知らせたり、自動的になおるようになっています。







サブコンテンツ