「地球と月」の記事一覧

潮の満ち干とは? 干潮・満潮とは? 潮汐摩擦とは?

干潮と満潮 海岸で、海面の高さに気をつけて見ると海面は 1日に2回、高くなったり、低くなったりします。 この様子は、ところによってかなり違い、あまり目立たないところもあります。 低くなるときには海水がずっと沖のほうにひい・・・

月食とは? 月食が起こるわけと種類とは?

月食の起こるわけ 地球も太陽に照らされているので、その反対側に影ができています。 月食は、太陽と月のあいだに地球がきて、月が地球の影の中に入るために起こります。 月に、太陽の光をうけて光っているので すから、地球の影の中・・・

皆既食の様子とは? 日食を観測するには?

食の季節 日食は、月や太陽の動きによって起こります。 この月や太陽の動く規則は、天文学者によってよく研究されているので ずっと遠い昔や、これから先に起こる日食の様子を正しく計算することができます。 日食も月食も1年のうち・・・

日食とは? 日食の起こるわけと種類とは?

日食の起こるわけ 月が地球と太陽のあいだに入って一直線に並ぶとき 地球から見ると太陽は、月の後ろに隠れてしまいます。 これが日食です。 月は太陽の光に照らされていますから、いつも太陽と反対側に、その影をつくっています。 ・・・

月の表面にあるクレーターとは? 月の裏側はどうなっているの?

クレーター 月面の明るい部分は、海のように平らでなく 大きなくぼみがたくさん集まっています。 南半球にあるクラビウスは、大きなくぼみで 直径がなんと230キロメートルもあります。 月の裏側には直径500キロメートルもある・・・

月の表面はどうなっているの? 

月の地形は、地球上にある天文台からの 観測と月ロケットによる写真撮影によって、詳しい様子がわかってきました。 とくに、月の裏側は、これまで地球から見ることができなかったのですが 月のまわりをぐるぐるまわって写真をとる 月・・・

月の満ち欠けが起こるのはなぜ?

月は、細かい鎌の形をした三日月に見えることもあり 半円の形したり、また、まんまるい満月になったりします。 形のかわるわけは、月はまんまるいボールと同じ形をしていて 太陽に照らされ、半分だけ光っているからです。 月の満ち欠・・・

月はどんな世界? 月までの距離はどのくらい?

月 満月の夜、まんまるい月をながめると月の表面に暗い模様が見えます。 日本では、うさぎの餅つきの姿に見立て、西洋でも女の人の横顔とか カニの爪など、いろいろな形に見ています。 満月はよく輝き、肉眼では、その表面が鎧のよう・・・

地球の引力と重力のはたらきとは?

引力 地球がまるいボールのような球だとすると、その裏側にいる人たちは どうして下に落ちていかないのでしょうか。 これは、昔から多くの人が不思議になっていたことです。 また、地球が太陽のまわりをまわっているといっても どう・・・

地球の運動とは? 自転と公転、歳差運動とは?

地球が運動していることは、いろいろなことから確かめられます。 たとえば、地軸を中心にまわっていることは 北の空を見るとと北極星を中心にまわりの星がまわっていることから また太陽のまわりをまわっていることは 年収視差が観測・・・

1 / 212
サブコンテンツ