「気象観測」の記事一覧

降水量とその調べかたとは?

雨量と積雪の深さ 雨量は、雨が地上に何ミリの深さに降り積もったかでいいあらわします。 2ミリの雨といえば、そこに降った雨が、どこにも流れずに また、土の中にも染み込まないとすると、一面に2ミリの深さになるということです。・・・

雪ができるのはなぜ? 雪の結晶の種類と調べ方とは? 人工雪とは?

雪が美しい結晶でできていることは、ほぼ400年も前からわかっていました。 しかし、そのころは、どうして雪の結晶ができるかは、あまりよく知られていませんでした。 日本の中谷宇吉郎博士に、実験室でいろいろの雪の結晶をつくるこ・・・

雨雲と雨のできかたとは? 人工降雨とは?

雲の粒の大きさは、直径が平均して、0.02ミリくらいですが 雨粒は、ふつう1~2ミリくらいあります。 雲の粒と雨粒の1個ずつの重さをくらべてみると、大きな雨粒は、雲粒の100万倍もあります。 雨粒は雲の中でできることはわ・・・

雨粒の大きさの調べ方とは? 

昔から日本ではたくさんの米がとれます。 これはちょうど田植えのころに、雨が充分に降ってくれるからです。 また、電気がたくさん起こされるのも、やはり山地に雨や雪がたくさん降るからです。 このように、雨はたいへんありがたいも・・・

霧・靄(きり・もや)とは? なぜできるのか?

霧 高い空にできる水粒の集まりを雲といい、地表の近くにできる水粒の集まりを霧といいます。 どちらも水粒の集まりで、できる場所が違うだけです。 霧ができると遠くが見えなくなり、航海する船や、山登りの人たちは困ります。 船や・・・

雲と天気の関係とは? 雲ができるのはなぜ?

雲量 雲量は、雲が多いか、少ないかをあらわすもので 空が一面に雲でおおわれているときを雲量10といい まったく雲のないときを雲量0といいます。 空を見渡したときの、空全体の面積を10として そのうち青空が10分の2で、雲・・・

雲の種類とは?

雲は、どれもみな違った形をしている ので、名前をつけてあらわすのは、難しいことです。 しかし、いつもよく雲を見ていると、この見分けにくい雲も いくつかに区別できるようになります。 雲には、非常に高い空にできるもの、 中ぐ・・・

湿度とは? 湿度のあらわし方とは? 

湿り気 洗濯ものは、曇りの日や、雨の降っている日には なかなか乾きませんが、天気のよい日には早く乾きます。 これは、空気の湿り気が多いか少ないかによるからです。 空気の湿り気が多いと乾き方が遅く、湿り気が少ないと乾き方が・・・

水蒸気の量のあらわし方とは? 空気と水蒸気の関係とは?

やかんでお湯を沸かすときに、やかんを長いあいだ 火にかけておくと、お湯がだんだんなくたって つにいには、やかんが、からっぽになってしまいます。 これは、やかんの中の水が、だんだん蒸発して、部屋の中の空気に溶け込んだためで・・・

気温・地温・水温の関係とは?

気温と地温の関係 昼のあいだは、地面が太陽の光によって温められて その温度が昇り、その地面によって空気か温められて、気温が昇ります。 つまり、太陽の光が直接空気を温めるのでなく はじめ地面を温め、それから空気が温められる・・・

1 / 212
サブコンテンツ